弱者のネット活用術
パソコンを用いたお得なネット活用方法を中心とした情報を配信します。
05 | 2017/06 | 07
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
Outlookのクラウド化でどこのどのPCも同期可能 ★Microsoft OneDriveが便利
自宅では寝室のデスクトップPCとリビングや外出時用のノートPCを、会社では仕事用のPCを使っており、
3台以上のPCをシーンにより使い分けております。

スケジュールや電話帳は仕事とプライベートの分けなくOutlookデータを同期することで一元管理しております。
ここで面倒なことは各PC間の同期です。

自宅の2台のPCはファイルサーバーにpstデータを置いて共有することで同じ情報を読み込んでおりました。
自宅と会社のPCについてはWindowsMobileを介して2台のPCを同期です。
完全ローカルな同期です。
この方法では殆んどの情報が同期できておりますが、面倒な一面もありました。

まず、自宅で2台同時にOutlookを起動できないことです。
もう一つは手動でWindowsMobileとPCを接続して同期をとる必要があり、
自宅か会社で同期取り忘れると面倒なことになるのです。

このような煩わしさとWindowsMobileの死滅を懸念してクラウドサービスによる同期を試みました。
MicrosoftではOneDrive によりOutlookデータをクラウド越しの同期が可能です。
OneDriveはMicrosoftアカウントを取得するだけで15GBのクラウドディスクを無料で利用することができるのです。
onedriverogo.jpg
無料なのでとりあえず登録しておきましょう。

Outlook2010以前のバージョンではOutlook Hotmail Connectorというアドインをインストールすることで
OneDriveと同期できます。
アドインインストール後、新しいアカウントの追加で「その他(O)」を選んで「Microsoft Hotmail Connector」を選択して
[次へ(N)>]をクリックしてマイクロソフトアカウントのメール情報を入力することで設定完了です。

Outlook2013ではクラウド版Exchange ActiveSyncを利用することができるので即設定します。
アカウントの追加で「自分で電子メールやその他のサービスを使うための設定をする(手動設定)(M))」を選択し、
「」Outlook.comまたはExchange ActiveSyncと互換性のあるサービス(A)」を選択して
Hotmail等のマイクロソフトアカウントのメール情報を入力することで設定完了です。


Outlook Hotmail Connectorの場合、連絡先の同期でフリガナと部署情報が同期できない不具合があります。
メールと予定表は問題なく同期できます。
また、タスクの同期ができません。

Outlook2013ではメール、予定表、連絡先、タスクともに精度良く同期できます。
Microsoft Office Outlook 2013 通常版 [プロダクトキーのみ] [パッケージ] (PC2台/1ライセンス)
Microsoft Office Outlook 2013 通常版 [プロダクトキーのみ] [パッケージ] (PC2台/1ライセンス)
(2013/02/07)
Windows
\11,735
商品詳細を見る
価値はあるもののOutlookのみでこの値段は高すぎる。
Microsoft Office Personal 2013 [プロダクトキーのみ] [パッケージ] (PC2台/1ライセンス)
Microsoft Office Personal 2013 [プロダクトキーのみ] [パッケージ] (PC2台/1ライセンス)
(2013/02/07)
Windows
\25,143
商品詳細を見る
Officeで購入すると幾分お得感出ますけど値段高い!!
ヤフオクにはなんか怪しいけどこんなのもあったりします。
こっちは安すぎるよ。

ここでOutlookを2013で統一しようと思いましたが、会社のネットワーク環境でつまずきました。
プロキシサーバーでインターネットアクセスを管理されている環境ではMicrosoftアカウントにログインできないようです。
逆にOutlook Hotmail Connectorであれば、プロキシ管理下でもMicrosoftアカウントにログインできました。

Outlook Hotmail Connectorには連絡先の同期に弱点ありますが利点もあります。
その利点は他のメールアカウントで受信したメールをMicrosoftアカウントデータに振り分けることができるのです。
Outlook2013であれば他のメールアカウントで受信したメールをMicrosoftアカウントデータに保存することができません。

マイクロソフトアカウントデータの下位フォルダに仕分けすることで、
すべてのアカウントで受信したメールをMicrosoftアカウントで一元管理することができ、すべての端末で同期とれます。

結局、会社ではOffice2010+Outlook Hotmail Connectorを使い、自宅のPCはOutlook2013を使っております。
さらに、自宅サーバーにOutlook2010+Outlook Hotmail Connectorを常時稼働させてプライベートメールを同期してます。
これで、仕事のメールとプライベートのメールを完全に同期することができました。

クラウドサービスに抵抗ありましたが、やってみるとOutlookが増々便利になりました。

Outlookのクラウド化を行ったので次はモバイルの再構築について紹介します。


         ↓↓↓↓参考記事には↓↓下記↓↓に1票よろしく!↓↓↓↓
    blogramのブログランキング    FC2ブログランキング  くつろぐ

テーマ:インターネットサービス - ジャンル:コンピュータ

この記事に対するコメント
同期について
outlook2010以前のバージョンでは同期にトラブルが多いみたいです。Microsoftのサポートも終了してしまいましたし。私はEVO Collaborator for Outlookというソフトで簡単に解決できました。よろしければ、参考にして下さい。
【2015/11/24 19:36】 URL | Kawaguchi #SFo5/nok [ 編集]

Kawaguchiさんへ
ご訪問頂きありがとうございます。
情報提供ありがとうございます。
私はgSincitを使ってさらにgoogleアカウントとの同期を行っております。
【2015/11/25 08:41】 URL | 管理人 #NdOeNOaA [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する



この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://usefulnetwork.blog57.fc2.com/tb.php/1184-19b58573
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)




RSSフィード

最近の記事+コメント

広告スペース

いろいろアフィリエイトしてます。

入金に至ったASPはこちら



電報サービス VERY CARD









ベルメゾンネット









プロフィール

kすけ

Author:kすけ
2児の父であり貧乏サラリーマンでもあります。
パソコンやネットワークをあれこれ触っている内にインターネットの活用方法を模索するようになりました。
セコネタからグチや日常生活まで的を絞らず運営するブログです。

ブロとも申請フォーム


この人とブロともになる

ブログ内検索



楽天で探す
楽天市場

カテゴリー

ブロとも一覧

ちょっと寄り道しませんか?
ぶろぐいろいろ
あみパパ日記2
薬剤師の不養生
♪お気楽ままmikaのしゃべり放題♪
Suomen
不思議な不正義

最近のトラックバック

リンク






↓↓おこづかい通信↓↓購読者募集中
メルマガ登録・解除
おこづかい通信
 
 powered by メルマガスタンドmelma! トップページへ
この人と友達になる

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する