弱者のネット活用術
パソコンを用いたお得なネット活用方法を中心とした情報を配信します。
03 | 2018/04 | 05
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



         ↓↓↓↓参考記事には↓↓下記↓↓に1票よろしく!↓↓↓↓
    blogramのブログランキング    FC2ブログランキング  くつろぐ
リビングのWi-Fi買い替え ★BuffaloのWXR-2533DHP2をリビングのアクセスポイント
リビングのWi-Fiを交換しました。
これまでリビングのWi-FiアクセスポイントにWEX-300を使ってましたが、子供たちが動画を見たりすると速度が落ちていました。
NVR510を購入してWZR-1750DHPをリビングのアクセスポイントにしてみましたが、寝室での受信があまりよくありませんでした。
NVR510をルーターとして使っているので、Wi-Fiは中継機でいいのですが、中継機にハイスペックなものがありません。
最高速のWi-Fiを体感してみたかったこともあり、外部アンテナ付きで大型のWXR-2533DHP2にしました。

4本の外部アンテナの向きを工夫することで、リビングでの感度が良好になりました。
WXR-2533DHP2にはVPNサーバー機能が付いておりますが、NVR510の下でアクセスポイントモードとして利用します。
VPNもL2TP/IPSec対応なので、NVR510の不調時に代替させることができます。
我が家ではファイルサーバーを設置しているので不要ですが、アクセスポイントモードでもNAS機能は利用することができます。

Wi-Fiアクセスポイントの交換で自宅のWi-Fi環境が向上しました。



         ↓↓↓↓参考記事には↓↓下記↓↓に1票よろしく!↓↓↓↓
    blogramのブログランキング    FC2ブログランキング  くつろぐ
スポンサーサイト

テーマ:新製品情報 家電・AV器機・周辺機器 - ジャンル:コンピュータ

自宅VPNのL2TP/IPSec化 - YAMAHAルーターNVR510購入 -
先日、事務所のVPNルーターをPPTPからL2TP/IPSecに変更したので、自宅も同様にL2TP/IPSec化しました。
自宅のVPNルーターはWZR-1750DHPなので、PPTPしか対応できません。
VPNルーターの買い換えを余儀なくされ、奮発してYAMAHAのNVR510を購入しました。

YAMAHAのルーターは仕事でNVR500を使っているので、内容はある程度わかっております。
YAMAHAのルーターはBuffaloやIO-DATAよりもプロ志向ですが、Ciscoよりはハードルが低い感じです。
NVR500ではwebGUIでは設定できない内容もあったりで、コマンドラインとの併用が必要な場合があります。
Ciscoはコマンドライン必須のようですが。

自宅のルーターをプロ志向のYAMAHAに交換して何するのってこともありますが、仕事にも役立つとのことで購入しました。

eo多機能ルーターの下にルーターがぶら下がっているので、既設WZR-1750DHPと並列にNVR510を設定しました。
ぶら下がるルーター同士の接続はできないので、新設するNVR510のLAN設定は既設WZR-1750DHPと同じにできます。

NVR500と比べるとNVR510は非常に簡単です。
GUIが一新されてかなり自動化されております。

まず、eo多機能ルーターの下にルーターとして設置するので、eo多機能ルーターをデフォルトゲートウェイとして設定します。
設定は[かんたん設定]-[プロバイダー接続]で行います。
nvr510start1.jpg
[接続種別の選択]で「DHCP、または固定IPアドレスによる接続」を選択します。
IPアドレスを設定します。
nvr510start2.jpg
WAN側IPアドレスは上位セグメントであるeo多機能ルーターが認識するアドレスを設定します。
ネットマスクはサブネットマスクでネットワーク内で合わせておく必要があります。(通常24bitマスク)
デフォルトゲートウェイは目的通りインターネットの出入り口であるeo多機能ルーターのIPアドレスを設定します。
eo多機能ルーターのDHCPサーバーに任せることもできますが、NVR510の下に自宅サーバーを設置するので、
ポート転送を考慮して固定にしておく方が便利です。
WZR-1750DHPはDHCPの割当しか対応できなかったので、eo多機能ルーターのDHCPサーバーでIP固定化してました。

インターネットの設定が完了したらVPNの設定を行います。
NVR510では拠点間接続とリモートアクセスの2種類対応できます。
拠点間接続とはルーター間の接続で複数のネットワーク同士を接続するもので、
リモートアクセス接続はネットワークとクライアントの接続になります。
簡単に言うと拠点間接続は多対多、リモートアクセス接続は多対1の接続になります。
離れた事務所で一つのローカルネットワークを組みたい場合は拠点間接続になります。
ただし、NVR510の拠点間接続はPPTPのみになります。(ルーター同士の接続はIPSecが一般的)
IPSecによる拠点間接続はRTX-830がお得です。

このルーターを使えば、高額なフレッツVPNワイドの契約をしなくても事務所間のネットワークを構築することができます。
固定グローバルIPアドレスが必須ですが、YAMAHAのネットボランチやDDNSにより、固定IPアドレスの費用も削減できます。
プロバイダにもよりますが、グローバルIPアドレスってあまり変わりません。
DiCEのログを見ていると1ヶ月に数回変わっている程度です。
VPN接続中にグローバルIPアドレスが変わっちゃうとセッションが一度切れると思います。
再接続の際にDDNS等の更新タイムラグが出て、一時的に切断されて状況が出ると思います。
(設定にもよるが最大10分程度)
事務所の場合であれば業務に支障が出るので、グローバルIPアドレスを固定した方が良いかもしれません。
固定グローバルIPアドレスはインターリンクが断然お得です。


設定は[かんたん設定]-[VPN]-[リモートアクセス]で行います。
nvr510rmtvpn1.jpg
接続の種別はL2TP/IPSecとPPTPの2種類選べて、両方設定することもできるようです。
L2TP/IPSecについては認証鍵を決めて入力し、認証アルゴリズムと暗号アルゴリズムを選択します。
L2TP/IPSecの認証アルゴリズムはWindows10との接続を考慮して、HMAC-SHAとします。
暗号アルゴリズムはAESが良いようです。
ユーザー認証方式にPPP認証方式とあり、デフォルトでMSCHAP-V2になっております。
(WXR-1900DHPではこのような設定枠はなかった)
IPSec併用は関係ないかもしれませんが、念のため、脆弱性が懸念されているMSCHAP-V2からCHAPに変更しておきます。
認証方式についてはAndroidのAPN設定でも同様の設定がありますが、選択肢はCHAPとPAPとなってます。
Windows10の設定もネットワークアダプタの設定でCHAPに合わせる必要があります。
Win10の[設定]-[ネットワークとインターネット]-[VPN]にある「アダプターのオプションを変更する」から
作成したVPNアダプタのプロパティ(右クリックプロパティ)で行います。
l2tpipsecchapwin10.jpg
[セキュリティ]タブにある「チャレンジハンドシェイク認証プロトコル(CHAP)(H)」にチェックを入れます。
WindowsにおけるL2TP/IPSec接続はレジストリの変更が必要です。(設定方法はこちらの記事)

共通設定が終わると登録ユーザーの設定です。
WXR-1900DHPでは8ユーザーまででしたが、NVR510では4ユーザーです。
nvr510rmtvpn2.jpg
必要分のユーザー名とパスワードを設定していきます。

これでL2TP/IPSecの設定は完了です。
今回はNVR510がルーターのにぶら下がっているため、
インターネットの出入り口である上位ルーターからの転送設定が必要になります。
eo多機能ルーターにL2TP/IPSecで使うプロトコルの転送設定を行います。
前回行ったPPTPのプロトコル転送の設定と同じ要領です。
eorouternatl2tpipsec.jpg
L2TP/IPSecで使うプロトコルは「ESP」「UDP 500」「UDP 4500」「UDP 1701」です。
ESPはカプセル化に用いられます。
UDP 500はIPSecのフェーズ1に用いられます。
UDP 4500はIPSecのフェーズ2に用いられます。
UDP 1701はL2TPに用いられます。
PPTPのときより多くのプロトコルが用いられており、よりセキュアな感じです。
LAN側ホストはeo多機能ルーターのセグメントにおけるNVR510のIPアドレスに設定します。

NVR510側のNATは自動生成されているので、ここまでの設定でL2TP/IPSec接続できるか確認しておきます。
確認方法はスマホからの接続で可能です。

VPNの設定が完了したら、自宅サーバーへの転送設定です。
NVR510の場合、[詳細設定]-[NAT]のNATディスクリプターで設定します。
プロバイダー接続設定の際に自動生成されたIPマスカレードに追記していきます。
自動生成されたNATディスクリプターの[設定]をクリックします。
nvr510nat1804.jpg
L2TP/IPSecに必要な転送は既に書き込まれております。
NVR510が自らのIPアドレスに転送する設定になってます。
tcpの80、110、25を自宅サーバーのIPアドレスへ転送するよう設定します。
既設WZR-1750DHPと同じ設定で可能です。

すべての設定が完了したら、WZR-1750DHPに接続されているLANケーブルをNVR510に差し替えて完了です。

不要になったWZR-1750DHPはアクセスポイントとしてリビングに下ろすことにしました。




         ↓↓↓↓参考記事には↓↓下記↓↓に1票よろしく!↓↓↓↓
    blogramのブログランキング    FC2ブログランキング  くつろぐ

テーマ:セキュリティ - ジャンル:コンピュータ

英語教材に語学学習機能搭載CDラジオ購入
この春から中学一年生になった次男の英語教材用にCDプレーヤーを購入しました。
英語の教材って未だにCDで出されているものが多いようです。
今時、CDプレーヤーってあまりありません。
英語教材に用いるので語学学習機能が付いているものにしました。
語学学習機能付きCDプレーヤーはSONYから発売されておりました。
 
ZS-E80はCD再生とラジオの再生です。
これに対してZS-RS81BTはCDやラジオ以外に、USBやSDカードの再生や録音ができ、
さらに、Bluetoothでスマートフォンと接続ができたり多機能になっております。

教材用に使うので、多機能であることが邪魔になると考え、スリムですっきり収まり、スタイリッシュな
ZS-E80を購入しました。

語学学習機能とは再生スピードを変更したり、繰り返し聞きたい任意の範囲を繰り返し再生できるA-Bリーピート機能を指します。
リピート機能は非常に便利です。

中学一年生からヒアリングがあるようで大変ですが、最初が肝心なので気合い入れて勉強してもらいます。
勉強嫌いの長男も英検を受けると言っているので、いいかんじです。
私の方が勉強できてないか・・・


         ↓↓↓↓参考記事には↓↓下記↓↓に1票よろしく!↓↓↓↓
    blogramのブログランキング    FC2ブログランキング  くつろぐ

テーマ: 英語・英会話学習 - ジャンル:学校・教育

eo多機能ルーターで二重ルーター ★ルーターの下にルーターを設置してセキュリティ向上
eoチケットがあったのでeoプレミアムクラブでeo多機能ルーターに交換しました。
eo多機能ルーターへ交換することにより、スマホがeo光電話の子機になることに期待しておりました。
長男にmineo + LaLACallのスマホを持たせたので、eo光電話との無料通話に期待してました。
eoチケットで交換費用は無償ですが、eo多機能ルーターには無線ルーター機能と有線ルーター機能の2種類あります。
無線ルーター機能は96円/月要するので、有線ルーターにしました。

まず一つ目の失敗は有線ルーターではスマホを子機にすることができませんでした。(調査不足)
VPN接続にて外出先からスマホでeo光電話を使いたかったのですが、無線ルーター機能に直接Wi-Fi接続したスマホで
さらに、子機となったスマホは着信のみ可能とのことで使いたい機能が装備されておりませんでした。(二つ目の失敗)
これらの失敗はeo多機能ルーターが届いてからわかりました。
eorouter1.jpg
無線ルーター機能を申し込んでいれば、この下に子機となるスマホの設定が表示されます。

eo多機能ルーターは必要ありませんが、手続きが済んでしまったので、接続するしかありません。
VPNサーバー機能を使っているので、eo多機能ルーターのルーター機能を切ります。
eorouter2.jpg
この設定でこれまで通りWZR-1750DHPのVPN設定や自宅サーバーの設定が機能します。
しかし、ルーター機能をオフにしてしまったら、WZR-1750DHPの下につながっているPCから
eo多機能ルーターにアクセスすることができません。

eo光電話の設定もスマホの設定ができないので、eo多機能ルーターの設定画面は必要ありませんが、できないのが許せない。
eo多機能ルーターの下にWZR-1750DHPを設置することにしました。
ルーターの下に無線ルーターを設置する場合はブリッジ(APモード)として利用することが一般的ですが、
APモードではVPNサーバー機能を使うことができないので、WZR-1750DHPもルーターモードとします。
ルーターの下にルーターを配置する二重ルーターです。
ハッキングできるルーターが多数あると言われているので、二重ルーター化によりセキュリティ向上の利点が出てきます。
目的の方向を利便性からセキュリティ向上に切り替えて、二重ルーターの構築を行いました。

eo多機能ルーターのルーター機能をオフにしたときのWZR-1750DHPの接続状況です。
wzr1750dhp1.jpg
インターネット接続設定は自動接続で簡単につながります。
InternetのIPアドレスがグローバルIPアドレスになっております。
LANは当然ながらWZR-1750DHPで設定したローカルIPアドレスが表示されております。
自宅サーバーへのポートフォワード等の設定はそのまま使えます。

次にeo多機能ルーターのルーター機能をオンにしたときのWZR-1750DHPの接続状況です。
ルーターの下でルーター機能を生かすにはWZR-1750DHPの動作モードをルーターモードにしておく必要があります。
AUTOモードでルーターの下に配置した場合は自動的にAPモードに切り替わります。
wzr1750dhp2.jpg
ルーターの下でWZR-1750DHPをルーターモードで接続すると、上位ルーターのDHCPにて割り振られたIPアドレスを取得して、
上位ルーターをデフォルトゲートウェイとして接続します。
WZR-1750DHPの場合、ローカル接続はDHCPのみの対応となってるので、上位ルーターのDHCPをオンにしてきます。
InternetのIPアドレスが上位ルーターから割り振られたIPアドレスになっております。
デフォルトゲートウェイが上位ルーターのローカルIPアドレスとなてます。
LANのIPアドレスはWZR-1750DHPで設定したアドレスのままです。

この状態でWZR-1750DHPの下に接続したPCからインターネットにアクセスすることはできるようになりました。
しかし、このままではVPNサーバーや自宅サーバーが機能しません。
上位ルーターに届いた外部着信を破棄してしまうからです。
上位ルーターのeo多機能ルーターでWZR-1750DHPへ転送するようポートフォワード設定を行う必要があります。
ポートフォワード設定するには、WZR-1750DHPのローカルIPが変わらないように固定する必要もあります。

eo多機能ルータでの設定は次の通りです。
WZR-1750DHPに割り当てるIPアドレスの固定は
[詳細設定]-[DHCP固定割当設定]で
WZR-1750DHPのMACアドレスと割り当てたいIPアドレスを追加します。
割り当てるIPアドレスはeo多機能ルーターのセグメントである必要があります。

ポートフォワードの設定は
[詳細設定]-[ポートマッピング設定]で行います。
VPNサーバー(PPTP) ・・・プロトコル:GRE ポート番号なし
               プロトコル:TCP ポート番号:1723
webサーバー・・・プロトコル:TCP ポート番号:80
smtpサーバー・・・プロトコル:TCP ポート番号:110(サーバーによる)
popサーバー・・・プロトコル:TCP ポート番号:25(サーバーによる)
ftpサーバー・・・プロトコル:TCP ポート番号:20-21
です。
eorouter3.jpg
この設定でサーバーに問い合わせのある着信をWZR-1750DHPに転送してくれます。
WZR-1750DHPには既に自宅サーバーへのポートフォワード設定が行われているので、サーバーが機能するようになります。
自宅サーバーのNAT設定は一般的ですが、VPNのPPTPサーバーのNAT設定が特殊だと思います。


ここで、WZR-1750DHPの配下にあるPCからeo多機能ルーターの配下にあるPCへはアクセスすることができますが、
この逆にeo多機能ルーターの配下にあるPCからWZR-1750DHPの配下にあるPCへはアクセスすることができません。
これはWZR-1750DHPはeo多機能ルーターをデフォルトゲートウェイとしているので、
eo多機能ルーターはWZR-1750DHPの配下を含むセグメントの通信を許可するようです。
これに対して、WZR-1750DHPはeo多機能ルーターのセグメントからのアクセスは何のことか理解できないようです。
eo多機能ルーターのセグメントからWZR-1750DHPへのアクセスを許可するにはルーティングテーブルの設定が必要と思います。
通常はRIP等の設定になると思いますが、eo多機能ルーターにはRIP設定がありません。
WZR-1750DHPにはRIPに相当しそうな経路情報という設定項目がありました。
eo多機能ルーターは名前ほど多機能ではありませんでした。

思惑は全く叶えられませんでしたが、セキュリティが向上したと言うことでよしとします。


         ↓↓↓↓参考記事には↓↓下記↓↓に1票よろしく!↓↓↓↓
    blogramのブログランキング    FC2ブログランキング  くつろぐ

テーマ:セキュリティ - ジャンル:コンピュータ

技術士第二次試験申込書提出 - 建設部門 建設環境 に挑戦 -
本日、技術士第二次試験の申込書を送付しました。
昨年度の第一次試験の続編です。
技術士は第二次試験を合格しなければ登録することができません。
技術士の第二次試験は筆記試験と口頭試験からなり、筆記試験は択一式と記述式からなり合格率が10%台の狭き門です。

技術士の部門は建設部門の建設環境を選択しました。
一昨年のRCCMで選択した分野と同じです。

技術士の試験申込書はAcrobatで入力できますのでRCCMより簡単に作成できます。
ただ、業務経歴票に業務内容の詳細を記載する必要があり、申込時にすでに試験が開始されているような感じです。
筆記試験合格後の口頭試験ではこの業務経歴票により質疑されるとのことで、
技術士にふさわしい文面にする必要があるとのことです。
業務内容の詳細についてはRCCMのときに作成した内容を720字以内に収まるように修正して作成したので
あまり時間を要しませんでした。

技術士第二次試験対策はRCCMと同様に鳥居直也さんに頼っております。

まだ今年度の筆記試験対策資料が出てないので、
オンライン練習問題を通勤電車内で繰り返すことで択一試験対策を行っております。
技術士第二次試験対策は鳥居直也氏のフリーダウンロードがお勧めです。
3月の年度末を終えて一息ついた気分になっており、暇な割に勉強にあまり時間を割けておりません。
試験まで3ヶ月切ったので筆記試験対策を進めていかないとやばいです。

勉強のエンジンがなかなかかかりませんが、
受験料に14,000円とフリーダウンロードに4,000円で合計18,000円も支払っているので取り返せるようがんばります。


         ↓↓↓↓参考記事には↓↓下記↓↓に1票よろしく!↓↓↓↓
    blogramのブログランキング    FC2ブログランキング  くつろぐ

テーマ:資格取得 - ジャンル:学校・教育

楽天市場のクレールオンラインショップから心当たりのない注文確認メールを連日受信
楽天市場より心当たりのない注文確認メールが連日送られてきました。
送付先は実際に楽天のIDに使っているメールアドレス宛でしたので、びっくりしました。
rakutenfishingmale.jpg
送信元はクレールオンラインショップです。
商品は「2DINオーディオ/ナビ取付キット NK-H670DE ホンダ JF3 / JF4 N-BOX(H29/8〜現在) オーディオレス」とのことで、
送料0円の5,670円となっております。
送信者がorder@rakuten.co.jpであり、通常購入時と全く同じです。

注文履歴を確認したところ、注文リストには入っておりませんでした。
ダメなのでしょうけど、商品をクリックしてみました。
rakutenfishingmale2.jpg
クリックしたurlは「http://ax.vivercomunidade.com.br/」です。
ウィルスバスターが守ってくれました。

本家のクルーオンラインショップ楽天市場店を検索してみると実在しております。
トップ画面に重要なお知らせとあり迷惑メールの配信を促しております。
送られてきた商品の2DINオーディオ/ナビ取付キット NK-H670DE ホンダ JF3 / JF4 N-BOX(H29/8〜現在) オーディオレス
実在しており5,580円の送料無料とのことです。
価格が違うのは詐欺メール作成後に変わったものと思われます。

ウィルスバスターに守られたのですが、そのまま進むとフィッシング詐欺にあうようで、楽天のIDとパスワードが盗まれるようです。
フィッシングサイトに接続すると、IDとパスワードの入力を求められるようで、見た目も本家のログイン画面と変わらないため、
普通に作業を進めてしまうというもののようです。

クルーオンラインショップから来た注文確認メールにあるurlをクリックしないように気をつけましょう。
セキュリティソフトの導入もお忘れ無く。
ウイルスバスター公式トレンドマイクロ・オンラインショップ


         ↓↓↓↓参考記事には↓↓下記↓↓に1票よろしく!↓↓↓↓
    blogramのブログランキング    FC2ブログランキング  くつろぐ

テーマ:メール - ジャンル:コンピュータ

VPNをPPTPからL2TP/IPSecに変更 - VPNでどこからでも自宅や事務所にアクセス -
自宅や事務所にVPNサーバーを立てております。
VPNサーバーは家庭向けのVPNルーターで容易に立てることができます。
これまで出回っていたVPNルーターはPPTPプロトコルによるものでしたが、iOSでPPTP接続禁止となっております。
PPTPへの接続不許可はセキュリティによるもののようです。
PPTPの認証方式であるMS-CHAPv2の脆弱性によるもののようです。

PPTPはMicrosoftが開発したプロトコルでWindowsと相性が良い反面、Linuxベースのルーターでは負荷が大きいようで、
PPTPの接続可能数は4~8拠点ほどが一般的になっております。
業務でも拠点間通信を検討していることもあり、PPTPに限界がでておりました。
PPTPの代わりになるものとして、L2TP/IPSecがあります。

L2TP/IPSecはVPNのトンネルをL2TPがになっており、IPSecが暗号化の役割を果たしております。
数年前から分かっていたので、事務所のルーター買い替え時にL2TP/IPSec対応のVPNルーターを購入してましたが、
Windowsで接続できなかったのでPPTPにてVPNを立てておりました。
VPNルーターはBUFFALOのインターフェイス簡単でWXR-1900DHPを購入しております。
WXR-1900DHPにおけるL2TP/IPSecの設定は非常に簡単です。
VPNサーバー機能をL2TP/IPSecに変更して事前共通キーを入力するだけでした。
PPTPの時に作成したユーザー情報は踏襲できました。
wxr1900vpn.jpg
簡単な分、暗号化の設定ができないなど細かい内容がよく分かりませんが、汎用的なもののようです。


ルーター側でL2TP/IPSecを行うと接続するWindowsマシーンの設定を行う必要があります。
iOSやAndroidであれば多くの暗号化に対応できますが、Windowsは利用できる暗号化の種類が少ないようです。
IPSecとの相性が悪いようで、レジストリを変更しないと接続できません。
「リモートコンピューターと最初にネゴシエートするときに、セイキュリティ層で処理エラーが検出されたため、L2TP接続に失敗しました」
のようなエラーとなります。
レジストリの追加は以下のとおりです。
HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\PolicyAgent
にDWARD(32ビット)で「AssumeUDPEncapsulationContextOnSendRule」を追加します。
値は2です。
winvsipsec.jpg
レジストリの変更は自己責任で行ってください。

ちなみに、WindowsにおけるIPSecはSHA1 である必要があります。
複雑な設定が可能なVPNルーター等での設定時には暗号化の種類に注意する必要があります。




         ↓↓↓↓参考記事には↓↓下記↓↓に1票よろしく!↓↓↓↓
    blogramのブログランキング    FC2ブログランキング  くつろぐ

テーマ:セキュリティ - ジャンル:コンピュータ

iPhoneのKidsloxに致命的弱点 - 子供に与えるスマホ制御に悪戦苦闘 -
子供たちに与えているスマホはKidsloxで管理しております。
Kidsloxは1日あたりに使用できる時間、時間帯、一部のアプリ制限を行うことができるので重宝しております。
ブラウザはiフィルターを使わせていたのですが、長男が高校生になってSafariに変えて欲しいとの要望を受けて、
Kidsloxである程度フィルタリングできると思い許可しました。

Safariを使うとiフィルターに比べて、情報量が違うようで、スマホ規制に関する知恵が半端なく付きました。
気づくとKidsloxのプロファイルを削除されており、制御不能になっておりました。

iPhoneでKidsloxを導入している際、他のことはiPhoneで規制できるのですが、
プロファイルの変更についてはiPhoneで規制できないので子供が勝手にプロファイルを削除することができるのです。
Kidslox側としてはプロファイルを削除されたのではたまったものではありません。
ただし、Kidsloxでコントロール不能に陥ったことが通知されるので、コントロールできていないことが分からないという訳
ではありません。
速攻でiPhoneを取り上げました。

子供のスマホってすべて機械的には制御できません。
どこかに落とし穴があり、いたちごっこになり疲れます。

規制をかけたうえで、パスコードの変更やKidsloxの制御ができなくなるようなことをした場合は物理的に取り上げることにしました。

やっぱり、子供のスマホは管理が面倒です。


         ↓↓↓↓参考記事には↓↓下記↓↓に1票よろしく!↓↓↓↓
    blogramのブログランキング    FC2ブログランキング  くつろぐ

テーマ:iPhoneアプリ - ジャンル:携帯電話・PHS

mineoのSIMカード届く - 申込後3日 - ★eo光ユーザーはeoチケットでエントリーコードゲットの特典
長男のiPhone7に装着するmineoのSIMカードが届きました。
先週の金曜日に申し込みしたので、SIMカードが届くまで3日要しました。
登録事務は昨日完了しており、LaLa Call(ララコール)の登録もすぐにできました。

我が家の回線はeo光なのでmineo登録時の特典があるかと調べておりましたが分かりませんでした。
申込後に気づいたのですが、eo光にはeoプレミアムクラブといったサービスがあり、
eoチケット1枚でmineoのエントリーコードと交換することができるようです。
eoチケットの入手方法はよく分からないのですが、2枚ありました。
エントリーパッケージを購入してしまって損しました。

eo光ユーザーの方でmineo登録をご検討の方はeoチケットの確認すべきです。
eoチケットをお持ちでない方はエントリーパッケージを購入してmineo契約事務手数料を免除してもらうことが得策です。


mineoの申込は次の紹介urlを経由することで1,000円のギフト券をもらうことができる特典もあります。
http://mineo.jp/syokai/?jrp=syokai&kyb=W8B2C7A4C9

mineoの登録はメインIDで行ってしまったので、子供に持たせていて大丈夫かと思いましたが、
mineoアプリで契約内容の変更等はできないようなので問題なしと判断しております。
500MBしか容量がないので、パケットシェアなど工夫して使えばと思ってます。


         ↓↓↓↓参考記事には↓↓下記↓↓に1票よろしく!↓↓↓↓
    blogramのブログランキング    FC2ブログランキング  くつろぐ

テーマ:MVNO(仮想移動体通信事業者) - ジャンル:携帯電話・PHS

ダブルで自転車購入 ★ダイワサイクル(DAIWA CYCLE)で新車購入にて旧車1台廃棄無料
長男と次男の自転車を買いに行ってきました。
長男は新高校生で中学時代から継続して自転車通学になります。
次男は新中学生で新たに自転車通学を始めます。

長男の中学入学の際にはとにかく価格の安い店で購入したので、修理等すべて自分で対応する必要があり困りました。
私が直接対応できれば良いのですが、平日は基本、嫁が対応するので自転車屋へ持ち込む必要がありました。
長男は雑だったこともあり、けっこうな頻度で自転車の修理機会がありました。
自分で持ち込まないなど、嫁にぶ~ぶ~文句言われました。

そんな経験から、今回の自転車購入はDAIWA CYCLEにしました。
iphone6srosegold.jpg
購入店の選定は、ダイワサイクルで購入していれば、出張修理の出張費用無料で対応してくれる面からです。
インターネット等で購入した場合、ダイワサイクルの出張修理には出張費用がとられます。
出張費用が無料であれば気を遣わずに自転車修理屋さんを呼ぶことができます。
しかし、同等仕様の自転車でも最安値に比して3~4割高いかもしれません。

購入した自転車は6段切り替え付です。
次男はオートライト付になってます。
通学路に坂道が多いので切り替えは必須です。

新学期前でダイワサイクルは客だらけでした。
長男と同じ新高校生に電動自転車を買い与えようとしている家族が居ました。
会話を聞いていると13万円とか・・・
2万円超えるわ~って悩んでいる横でそんな話してたので、さっさと購入して立ち去りました。
我が家では子供に電動自転車などあり得ません。

ダイワサイクルでの購入はクーポンを確認していた方が良いです。
店舗で用意されているクーポンは付けてくれることが多いのですが、webサイトにもお得なクーポンが用意されております。
daiwacycleoupon.jpg
webクーポンの使い方はスマホ等で画面を見せるか、印刷して持って行けば適用してもらえます。
今回は店の人はwebクーポンを知らなかったみたいでしたが、確認してwebクーポンの割引を適用してもらいました。
ダイワサイクルのwebクーポンは季節ものなので、上記画像のリンクが切れている場合はTOPページより探してください。
学生限定のクーポンで2,000円引きになりました。

ダイワサイクルで購入すると、1台に付き旧車1台の廃棄が無料になります。
旧車の廃棄の手間も省けました。


         ↓↓↓↓参考記事には↓↓下記↓↓に1票よろしく!↓↓↓↓
    blogramのブログランキング    FC2ブログランキング  くつろぐ

テーマ:自転車 - ジャンル:車・バイク

いまさら光熱費節約 ★電気自由化
電気が自由化されてかなり経ちますが、いまさら電力会社の変更を試みてます。
我が家は電気とガスの併用で、床暖はガス仕様で床暖ST から更に7%割引の契約です。
電気は従量電灯Aです。

電気やガスの自由化に伴っていろんな勧誘がありましたが、どこにしてもわずかな違いだったことと、
電気自由化後にガス自由化となり、各種サービスが複雑で新しいサービスが乱立していたので様子を見ておりました。
わずかでも一度契約内容を見直すことで、固定費用が安く上がるのであれば利用しない選択肢はありません。

ガス代はすでにかなり割引された状態で、電気代が通常といった契約内容から、電気代のシミュレーションを行いました。

HTBエナジーの関西ファミリ-コースが最も安く、16,143円/年安くなるようです。
これが事実であれば、かなり大きな節約です。
大阪ガスとの組み合わせがお得なのかと思っておりましたが、大阪ガスでは意外と割引率が小さく3,283円/年の安値でした。

こうなってくると、HTBエナジーってなんだ!ってなります。
旅行のH.I.Sが親会社とのことです。
バックには大きな組織が付いているので組織的に特に問題はなさそうです。
電力自由化にはデメリットもあり、今のところ問題になっていないようですが、倒産や管理体制などが上げられております。
分が悪くなったら解約するケースを考えると解約違約金の有無をチェックしておく必要があります。
HTBエナジーには解約違約金が設けられております。
その内容は契約後1年以内の解約で2,000円とのことです。
1年以上継続すれば問題ないと考えました。

早速、HTBエナジーへの電力乗り換えて続きを行いました。


         ↓↓↓↓参考記事には↓↓下記↓↓に1票よろしく!↓↓↓↓
    blogramのブログランキング    FC2ブログランキング  くつろぐ

テーマ:節約 - ジャンル:ライフ




RSSフィード

最近の記事+コメント

広告スペース

いろいろアフィリエイトしてます。

入金に至ったASPはこちら



電報サービス VERY CARD

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で







ベルメゾンネット






NTTフレッツ光







プロフィール

kすけ

Author:kすけ
2児の父であり貧乏サラリーマンでもあります。
パソコンやネットワークをあれこれ触っている内にインターネットの活用方法を模索するようになりました。
セコネタからグチや日常生活まで的を絞らず運営するブログです。

ブロとも申請フォーム


この人とブロともになる

ブログ内検索



楽天で探す
楽天市場

カテゴリー

ブロとも一覧

ちょっと寄り道しませんか?
ぶろぐいろいろ
あみパパ日記2
薬剤師の不養生
♪お気楽ままmikaのしゃべり放題♪
Suomen
不思議な不正義
だから俺は原付に乗る。

最近のトラックバック

リンク






↓↓おこづかい通信↓↓購読者募集中
メルマガ登録・解除
おこづかい通信
 
 powered by メルマガスタンドmelma! トップページへ
この人と友達になる

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。