弱者のネット活用術
パソコンを用いたお得なネット活用方法を中心とした情報を配信します。
08 | 2017/09 | 10
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
中華モンキーのタンク交換でゴリラに変身 - 9Lタンクで長距離使用 -
中華モンキーのタンクを交換しました。
きっかけはシルバーメッキの剥がれでした。
tankchange1.jpg
メッキが浮いてきてこんなに汚くなりました。
写真を撮ってる私の顔も写りません。

どうせタンクを交換するならガソリン容量を増やしてはとの安易な考えで、ゴリラもどきの9Lタンクを購入しました。
tankchange2.jpg

タンクについているガソリンコックにフィルターが付いておりました。
中華製タンクは錆がひどく、キャブレターのフロートが動かなくなりガソリンが漏れることがあると言われております。
タンク内のさび止めを施す人もいてますが、ガソリンがタンクから出る際にフィルターを通過しているので問題なさそうです。
中華製タンクの錆が心配であれば、こちらの記事で紹介したようにもう一つガソリンフィルターを付ければ安心です。

早速、タンクの取り替えにかかりました。
しか~し、シートをゴリラピッチに変更する必要があり特殊なセミダブルシートが付きません。
そのままタンクをぽん付けできると思っていたのが甘かったです。
tankchange4.jpg
タンク交換の際に中華製のゴムを一掃しました。
tankchange3.jpg
タンク前方のタンクを引っかけるゴムは既設品で流用できますが、
タンクを固定する側のゴムパッキンと金具は流用できないので、必須アイテムになるところに注意が必要です。

シートはもともと付いていたTLシートであれば、ゴリラの取り付けピッチに変更できたのですが、前回、
こだわって金具を自作してまで交換した経緯もあり、少し貧相な中華TLシートではなくゴリラ用シートを購入しちゃいました。
いろいろ思案した結果、ゴリラの純正シートにしました。

ゴリラの純正シートは厚みがあるので座り心地がよく遠乗り時に楽かと思います。
社外の安価なものもあるのですが、HONDAのロゴ入りが欲しくてホンダ純正ゴリラシートにしました。
これなら、お気に入りの超レアシートの代役になれそうです。

見た目はこんな感じに変わっちゃいました。
tankchange5.jpg
セミダブルシートからシングルシートに変わったこともあり、短くなった感がありますが
タンクとシートの厚みから重圧感がでてます。
タンクの色もシルバーメッキからシートと同色の黒ベースとなり、見栄えも悪くないと思います。

後方から見るとこんな感じです。
tankchange6.jpg
純正シートのHONDAロゴとタンクに付けたタンクエンブレムで中華感を一掃しております。
見る人が見ればすぐに中華とわかるのですが・・・
肉厚ゴリラシートに変わりポジションが10cmほど高くなったので、ヒップアップ気味にしていたサスの位置を少し下げました。
これ以上テールを下げると既存スタンドで立たなくなるので、ショートスタンドへの交換が必要になります。
このタイプのサス(キットバイクNo.8)は簡単に上下高さ変動できる点が利点であります。
前傾姿勢ではなくゆったり乗りたいので、もう少しテールを下げるか、グリップ位置をあげたいのですが難しいです。
長時間になると疲れの要因になるかもしれません。

風景を入れるとこんな感じになります。
tankchange7.jpg
ツーリング行ってきましたって感じですが、自宅郊外から15分ほど走ったところです。
堺市南区にもこんな田園風景が続く場所があるんですよ~



         ↓↓↓↓参考記事には↓↓下記↓↓に1票よろしく!↓↓↓↓
    blogramのブログランキング    FC2ブログランキング  くつろぐ

テーマ:中華モンキー - ジャンル:車・バイク

Pixelaワイヤレステレビチューナーでロケーションフリー BR310W - 外出先でリモート視聴 -
Windowsのパソコン、AndroidやiOSのスマートフォンやタブレットで地デジを視聴しております。
これまでBR320で地デジ配信しておりましたが、1chであることと外出先から視聴できないことから、バージョンアップしました。
AndroidとiOSとWindowsの地デジ配信に対応しているワイヤレスチューナーはPixelaが安価です。
今回のバージョンアップではBR310Wへの更新です。

特徴は2ch同時配信が可能で、録画中でももう一方でテレビを視聴することができます。
さらに、外出先からも視聴することができるのです。

テレビを外出先で見ることってあまりなさそうですが、環境が整えばその需要も増えてくると思います。
高校野球の観戦などは外出先の空き時間でリアルタイムで見たいものです。
今回は外出先でのリモート視聴の状況を紹介したいと思います。
AndroidではワイヤレスTVに加えてワイヤレスTV(StationTV)リモート視聴プラグインをインストールする必要があります。
このプラグインは有料で300円します。

安価なので早速購入して試してみました。

ここで、外出先でテレビ視聴するに当たっての通信環境について考えてみました。
スマホの場合、高速通信のデータ容量が月額決まっているので、
テレビ視聴すると1時間も見れば1ヶ月分の通信容量に達してしまいます。
128kbps~200kbps程度の通信速度制限状態で見たいものです。
当然ながら、光ファイバーの環境があれば、インターネット経由でクリアーにテレビ視聴することができます。

今回はスマホでのテレビ視聴の状況について紹介します。
通信環境は自宅内のLAN環境での視聴、LTEターボモードONでの視聴、LTEターボモードOFF(制限状態)での視聴を試みました。
LTE環境はOCNモバイルONEとXperia SO-02Gの組み合わせで、アンテナ1本ちょいとあまり良い環境ではありませんでした。
結果はLTEでもぷつぷつ途切れて厳しい状況でした。

その状況は次のとおりです。
まずは、自宅内LANのWi-Fi環境です。

こちらは自宅内でのLAN環境ですので高画質でクリアーにテレビ視聴できております。

次にLTE回線を用いたインターネットを経由した視聴です。

LTEのターボモードでしかも低回専用画質ですが、ぷつりぷつりと途切れてしまいます。
内容がわからないわけではありませんが、あまり快適ではありません。

今度はLTE回線で制限がかかった状況(ターボモードOFF)におけるインターネット回線を経由しての視聴です。

こちらはかなり厳しいというか、番組の内容を理解することができません。

今回の実証はアンテナが1本しか立っていない状況であったので、通信環境が良ければもう少し改善される余地はありますが、
LTE制限状況では厳しいと思います。
視聴する時間が短ければLTE高速通信でも使うことが可能かもしれません。

希望としては制限状況の200kbpsでテレビ視聴がしたかったです。
やはり安価で小型のBR310WではCPUのパワーが小さいのでストリーミングが弱いのでしょうか。
低速通信回線では厳しい結果に終わりました。

当然ながら、高速のWi-Fi環境下であれば、インターネット経由のリモート視聴を快適に行うことができます。
OCNモバイルONEでは全国に86,000箇所にWi-Fiスポットのアクセスポイントが設置されているので、
Wi-Fiスポット環境を利用すれば快適にリモート視聴ができます。

OCNモバイルONEのWi-Fiスポットはセブンイレブンに大概あります。

リモート視聴は期待の半分でしたが、デュアルチャンネルにバージョンアップしました。



         ↓↓↓↓参考記事には↓↓下記↓↓に1票よろしく!↓↓↓↓
    blogramのブログランキング    FC2ブログランキング  くつろぐ

テーマ:スマートフォンライフ - ジャンル:携帯電話・PHS

中華モンキー振動対策 その7 - ステーターコイルベース交換でクランクシャフト3点支持 -
中華モンキーの振動に悩まされておりましたが、過去6回の振動対策によりかなり振動を抑えることができました。
ただ、振動が消えたわけではありません。
5千回転で最も強い振動になる特徴から、回転系による振動と想像できフライホイールの回転が5千回転で共振してそうです。
やはり、中華モンキーの振動はクランクシャフトの回転が主要因だと思います。

そこで、今回はクランクシャフトを支持できるステーターコイルベースを付けてみました。
SHIFTUP製のスタビライズドステーターコイルベースでベアリングでクランクシャフトを支えることができます。
クランクシャフトを三点支持することでクランクシャフトのぶれを抑える狙いです。
 
結構な値段ですが、これが最後の振動対策として挑戦してみました。

購入してから気づいたのですが、中華のジェネレーターコイルを移植することができませんでした。
中華モンキーへの取付情報がなかったのでジェネレーターコイルまで確認できませんでした。
ピックアップコイルの取付部が異なっており、日本製と中華製では上下反対になってる感じです。
ステーターコイルベースのピックアップ取り付け台の高さが明らかに異なっておりました。
statorbasechange1.jpg
内側を見るとさらに違います。
オイルシールは純正や中華製が内側に付いているのに対して、SHIFTUP製は間にベアリングがあり外側に付いてます。
statorbasechange2.jpg

ピックアップコイルを逆さまに取り付けることで中華ジェネレータを利用できそうですが、その前に、取付ネジが外れず
中華ジェネレーターのジェネレーターコイルを取り外すことができませんでした。
仕方なく純正のジェネレーターコイルを購入しました。

フライホイールの純正化の際にミツバ製のものを取り付けたので、ジェネレーターコイルもミツバ製です。
ジェネレーターコイルを固定しているネジはなめやすいとのことで六角ボルト(M6×20mm M5×10mm)を用意しました。
手探り状態の準備でかなりの出費をしてしまいました。


中華モンキーでのステーターコイルベースの取替作業を紹介します。
今回もオイルを抜かずに作業を行いました。

フライホイールの取り外しはこちらを参考にしてください。

スタビライザーステーターコイルはクランクシャフトを支えるベアリングがあるため、
半月キーが引っかかるのであらかじめ半月キーを外しておきます。
半月キーはマイナスドライバーをあてがって金槌でコツコツたたくとズレてきます。
statorbasechange3.jpg
オイルが漏れるので、ステーターコイルベースを取り外してからの作業をできるだけ少なくしましょう。
取り付けるステーターコイルベースのオイルシールとOリングにはシリコングリスを塗っておきます。

事前準備を行ったらジェネレーターを取り外します。
statorbasechange4.jpg
オイルが漏れるので、廃油処理箱で受けておきます。
ショックドライバーを大きめのハンマーでガチ~ンと一撃するとジェネレーターを固定しているネジが緩みます。


手際よくスタビライズドステーターコイルベースをはめ込みます。
クランクシャフトにぴったりフィットしているので、引っかかりがありはめ込みにくいですが、少し回転させたりして押し込みます。
statorbasechange5.jpg
ピックアップコイル取り付け台が干渉してそうですが、問題ありませんでした。

付属金具をはめて、半月キーを押し込みます。
statorbasechange6.jpg
半月キーは取り外しは少し手こずりましたが、取付は金槌で軽くコツコツすると簡単に入りました。

ジェネレーターコイルを取り付けます。
本体の取付はネジ山をなめやすいとのことでしたので、六角ボルト(M6×20mm、M5×10mm)を使っております。
statorbasechange7.jpg
純正のジェネレーターコイルを購入したのですが、取付金具は売ってないようでしたので自作しました。

リード線固定用の金具はエンジンからハーネスへ伸びる方のみ作成しました。
ピックアップコイルとジェネレーターコイルのリード線には遊びがないので、固定用金具が無くてもフライホイールに当たらない
との判断です。

純正ジェネレーターと中華ハーネスを接続するには変換コネクターを用いました。

中華ハーネスはいろいろあるみたいですが、私のキットバイクNo.8の配線色は純正とほぼ同じでした。
機  能 ジェネレータ側ハーネス側
 AC出力(ヘッドライト)
 AC出力(バッテリー)
 メインアース
 パルスジェネレーター信号青/黄白/赤
 点火用AC出力黒/赤黄/赤
 ニュートラルスイッチコード若葉/赤若葉/赤


フライホイールを取り付けたら完成です。
statorbasechange8.jpg
フライホイールの取付はトルク管理をしっかりしておいた方が良いです。
標準では30N・m~38N・mとされております。

ゆるめの30N・mでトルク設定しました。
フライホイールを締めすぎて振動が大きくなったことあります。

大変な作業になるかと覚悟しておりましたが、大したことは無く2時間も要さず作業は完了しました。
エンジンがかかるか恐れながらキックすると一発でエンジン始動しました。
エンジンが始動した瞬間に少し違った感じになっていることがわかりました。
アイドリングがより安定しております。
ジェネレーターコイルが純正に変わったので発電が安定したせいかと思います。

問題の振動ですが、試運転してみたところ、少し振動が小さくなった感じがわかるほどの効果がありました。
振動が消えることはありませんが、これまで行った対策の中ではなかなかの効果ありとの感触です。
はじめの頃はカラカラとベアリングが回転する音が大きかったのですが、
馴染んできたらシュルシュルというなめらかで小さな音に変わりました。
クランクシャフトの軸が矯正されているかのような感じです。

ここまで振動を抑制できたら遠乗りしても大丈夫そうです。
中華モンキーの振動対策はこれにて終了と考えております。

今回の対策はけっこうお金かかりましたが、体感できる効果が得られたので満足しております。


         ↓↓↓↓参考記事には↓↓下記↓↓に1票よろしく!↓↓↓↓
    blogramのブログランキング    FC2ブログランキング  くつろぐ

テーマ:中華モンキー - ジャンル:車・バイク

高額な水道管修理費用 - 気をつけよう補修工事 - あやしい業者に引っかからないように!!
先日、床下で水道管から水漏れをしていたことを紹介しました。
その補修工事をインターネットで調べて水道救急センターに依頼しました。
水道救急センターは水漏れ修理水道屋さん比較隊でNo1とお勧めされておりました。

申込は非常に簡単で、メールで予約すると翌日に現場に駆けつけてくれました。
ここまでは良かったのですが、修理費用がからり高くつきました。
・基本料金・・・1式5,000円
・既存給湯管撤去・・・1式28,000円
・新規ポリ管入れ替え・一部給湯管溶接・廃棄・・・1mあたり32,000円×3m=96,000円
水漏れは銅管にピンホール(小さな穴)があいており、そこからちょろちょろと水が漏れておりました。
施工内容は銅管からポリ管への交換で、交換長さは3mです。
この補修内容で合計126,000円でした。

内訳をよく見ると、撤去1式28,000円やポリ管入れ替えが1m32,000円ってところがちょっと異様に思えます。
交換部品であるポリ管の型番が明記されていないところも怪しいです。

おかしな内訳を見せられているにもかかわらず、簡単にサインしてしまったのは理由があります。
まず、調査点検直後に銅管に穴が開いてるということで「うわ~大変大変」とオーバーリアクションされ、
高くつきますけどといった感じでふっかけられておりました。
今はピンホールなのでじわじわとしか漏れていないが、
何時破裂して水が噴き出すかはかからないよと言われすぐに補修するよう誘導もされておりました。

おおごとで高額な補修費用といわれて50万程するのかと思いました。
嫁なんか100万程かかるのかと思ったといっておりました。

そのような感覚で12万や13万といわれたら、じゃぁすぐやってちょうだいって感じになってしまいました。

作業は2人で3時間ほどで済みました。
一人は口だけで作業はほぼ一人でやってました。
夕方から始めたのですが、撤去費用も高すぎますよね。
ってなことをすべて終わって一息ついた頃に感じました。

まず、なぜ水道救急センターに依頼したのかというところから思い出します。
水漏れ修理水道屋さん比較隊で紹介されていたこともあるのですが、アフィリエイト経由で依頼することで報酬があったことです。
アフィリエイトではかなり高額な報酬設定となっておりました。
具体的な報酬金額は明示できないので、A8.netで確認してください。
さらに、Tポイント2倍キャンペーンを行っておりました。(0.5%→1%)

水道救急センターについて、少し調べてみました。
会社名は株式会社ライフサポートで本社は東京で仙台支店と大阪支店があり、水道局指定工務店に登録しております。
今回は大阪支店への依頼となりますので調べてみたところ、大阪市の水道局に登録しておりました。
我が家の堺市では登録してないようでした。

ここで1点怪しいことがありました。
それは、現地に来た担当者です。
担当者は株式会社ライフサポート水道救急センターと書かれた名刺を出していたのですが、大阪支店の住所がおかしい。
株式会社ライフサポートのホームページや大阪市の水道局指定工務店一覧にある株式会社ライフサポート大阪支店の住所が
大阪府大阪市中央区北浜2-6-11 北浜エクセルビル5Fであるのに対して、阿倍野区のマンションとなっていたのです。
作業をしていたのは株式会社ライフサポートの人間では無かったのか・・・

ひょっとして株式会社ライフサポートは電話やメールの窓口業務だけ行って、
現地対応は一匹狼の一人親方に下請けしてるのかもしれません。
完全歩合制ですから、現地での売上が現地担当者の所得を左右するような仕組みになっていることが想像できます。
契約を取ったものがちということで、ふっかけては少しでも単価の高い仕事にしているのが現状のように思えます。

しかし、詐欺で訴えられるほどの金額はふっかけてないところが現地担当者のうまいところですね!
後から異議申し立てすれば、適正価格で精算ということもありそうですが、その手間等を考えると腰が重たい案件です。

今回の反省点は緊急事態でも無い補修工事を一見でいきなり依頼したことです。
補修の場合、必ず行う必要があるので、現地で高額な費用をふっかけられやすいのだと思います。
安心できる業者が無い場合は見積もり合わせを行うべきでした。

水道救急センターでも見積もり無料と謳っております。
見積もり後、すぐに契約を求められると思いますが、複数の見積もり依頼を先に済ませておくことで対応できると思います。
とりあえず見積もりを取ってから決めると事前にはっきり言っておけば現地でももめないと思います。

世の中、騙された方が負けですね!
犬の遠吠えのようにだらだらと書いてしまいました。

次は16年使用している給湯器が危険な感じです。
壊れる前に交換してくおくべきかなぁ。


         ↓↓↓↓参考記事には↓↓下記↓↓に1票よろしく!↓↓↓↓
    blogramのブログランキング    FC2ブログランキング  くつろぐ

テーマ:消費者問題 - ジャンル:ライフ




RSSフィード

最近の記事+コメント

広告スペース

いろいろアフィリエイトしてます。

入金に至ったASPはこちら



電報サービス VERY CARD









ベルメゾンネット









プロフィール

kすけ

Author:kすけ
2児の父であり貧乏サラリーマンでもあります。
パソコンやネットワークをあれこれ触っている内にインターネットの活用方法を模索するようになりました。
セコネタからグチや日常生活まで的を絞らず運営するブログです。

ブロとも申請フォーム


この人とブロともになる

ブログ内検索



楽天で探す
楽天市場

カテゴリー

ブロとも一覧

ちょっと寄り道しませんか?
ぶろぐいろいろ
あみパパ日記2
薬剤師の不養生
♪お気楽ままmikaのしゃべり放題♪
Suomen
不思議な不正義
だから俺は原付に乗る。

最近のトラックバック

リンク






↓↓おこづかい通信↓↓購読者募集中
メルマガ登録・解除
おこづかい通信
 
 powered by メルマガスタンドmelma! トップページへ
この人と友達になる

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する