弱者のネット活用術
パソコンを用いたお得なネット活用方法を中心とした情報を配信します。
09 | 2011/10 | 11
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
平成23年10月以降の子ども手当認定請求書
子ども手当についてのお知らせがやってきました。
kodomoteate2011(1).gif
裏面です。
kodomoteate2011(2).gif

平成23年10月以降の子ども手当の支給額が変わります。
当然のように支給額は減っております。
支給額は以下の通りとのことです。
0~3歳未満・・・15,000円/月(一律)
3歳~中学生未満・・・10,000円/月(第3子以降は15,000円)
中学生・・・10,000円/月

これまで1人当たり15,000円/月いただいておりましたが、1人当たり5,000円/月減額となり、計1万円/月減額となります。
我が家の子ども手当の使い道は、次男は保育料、長男は習い事などに充てております。
5,000円減ると言うことは習い事1つ減らせと言うことなのか・・・
習い事減らした分、公立の学校でこれまで以上のことを教えてくれるのでしょうか?
単なる収入減なだけだと思います。

不況と震災などで国費が厳しいのはわかるが、カットの嵐でこの先の日本の未来が全く見えません。
老後も暗いし、次の世代は子供の頃から苦しいしでは負のスパイラルです。
増税ばっかりで、昇級したとしても手取りは減っていく状況にあります。
サラリーマンの手取りは減る一方で子供にかかる養育費用はあがっていってます。
これでは3人以上も子供を作ろうとはなかなか思えませんよね。
よほどの金持ちか、何も考えずに単なる子供好きしか子供を産まなくなっていまいます。
減給されてる人はもう地獄だと思います。

民主党は元々扶養控除の代わりに子ども手当を23,000円/月支給すると言っていたのに、
半分も手当を支給せずに控除を廃止にしたってことになり、詐欺的行為だと思います。
年金は年金納める人が減ってきているので支給歳を遅らせたり、支給額を減らすありさまで、少子化も止まらず・・・
そこに震災の対応不良ときたものだから、ここらで総選挙により国民の判断を仰ぐべきとも思います。
へぼ民主党はもうひっこんでくれ~

今回の減収でまたサラリーマンのお小遣いがいじめられるのか!
現在、私のお小遣いは15,000円/月です。
子供の成長にあわせて減っていっているわけですが、0になる日が来ることも想定する必要があります。
5年ほど前から始めたお小遣いシステムでアフィリエイトやポイントサイトによる収入が定着してきているので、
本業の給料からのお小遣いが0円となってもまだ耐えることができます。
これから当分は手取りが減っていくと思われる中、
無料で始められるお小遣いシステムがサラリーマンのお小遣いの足しになると思います。
アフィリエイトやポイントサイトは、無料なので簡単に始められるのでちょっとしたお小遣いとしては有効です。
サラリーマンだけではなく主婦でも可能ですよ。
0ensyouzai468_60
このようなネットでのお小遣い稼ぎはコツコツと地味なシステムですが、
一度、システムとしてセットすればパソコンやサーバーが勝手に稼いでくれるところが好きです。


         ↓↓↓↓参考記事には↓↓下記↓↓に1票よろしく!↓↓↓↓
    blogramのブログランキング    FC2ブログランキング  くつろぐ

テーマ:これからの日本 - ジャンル:政治・経済

バーベキュー&公園遊びで家族サービス - in浜寺公園 -
昨年デビューしたバーベキュー、今年もやりました。
今年は浜寺公園に行ってきました。
プールには2度ほど行っておりますが、家族での公園遊びは初めてです。

うちからは30分ほどかかり、11時半頃到着したのですが、第一駐車場は満車状態で第二駐車場へ車をとめました。

バーベキューの道具は昨年のバーベキュー時の反省点から台車を用意しました。
台車にキャンプ道具を積んだ状態です。
daisya.gif
台車は静音キャスター付きのものを選びました。
アウトドアで使うのでキャスターが小さすぎては未舗装部の通行が困難になるので、150kgの台車を選びました。
キャスターは大きいほど安定しますが、300kgの台車では大きすぎて邪魔になってしまいます。
ガタガタ道をおすので、荷物を縛っておかないと荷物が落下してしまいますので荷締め機を用意しました。


荷締めベルトでは台車を一週巻き付けることになり、締め上げ作業が面倒ですが、
このラチェット式なら両端にフックが付いているので台車の裏面に引っかければ簡単に締め付けられます。
ラチェットが付いているので簡単に荷物を締めつけることができます。
ベルトが長いものが多いので台車への用途にはできるだけ短いものが有効です。(長い場合はカットして活用できます)

昨年はキャリーカートに上記の荷物を満載したため、腕がパンパンになりました。
今年は台車キャリーカートの併用だったので、荷物運びは楽勝でした。
軽々と動くようになったキャリーカートの積荷状態です。(軽いものばかり積んでます)
careercart.gif
キャリーカートは二輪で引いて運ぶので、重たいものは運びにくいのです。

バーベキューについては、昨年、安物の肉を買って失敗したので、今年は680円のカルピとハラミを300gずつ用意しました。
味の方はまずまず美味しかったのですが、子どもたちは堅いといってあまり食べませんでした。
大人の私には柔らかい方だと思ったのですが、子供うけしませんでした。
子どもはおにぎりで腹一杯になったようです。
嫁と二人で肉食べまくって腹一杯になりました。

バーベキューも美味しくいただき、片付けようとしたときに道具を洗う道具を忘れたことに気づきました。
洗い場に行き、軍手でゴシゴシと仮洗いしました。
せっかく、バーベキュー可能な洗い場、炭置き場、ゴミ箱のある公園を選択したのに・・・

食後は浜寺公園を楽しみました。
遊び道具はサッカーボールしか持っていきませんでした。
公園定番のバトミントンを忘れてしまいました。

浜寺公園には普通の遊具以外に子供汽車やゴーカートがあります。
まずは子供汽車に乗りました。
hamaderakisya1.gif
この汽車は浪花号と名付けられており、かわいい機関車です。
hamaderakisya2.gif

浪花号は昔実在した汽車の浪花をモデルに宝くじ協会の寄付により作られたものだそうです。
子供向けなわりに6,000万円の寄付を受けましたとあるところは生々しすぎるのではとも思いました。
浪花号を説明している看板の裏側に浪花の由来とありました。
kisyayurai.gif
汽車の到着を待っている間にこの看板を見つけて読んでみると、
大阪唯一のちんちん電車を運営している阪堺電鉄が日本初の私鉄だったことを知り勉強になりました。

浪花号の乗車料金は、大人290円、小人140円であり、電車の移動距離を考えると高めとも思えますが遊園地と思えば安い。
花壇広場前駅から交通遊園まで行きました。
交通遊園にはゴーカートがあり、私と長男、嫁と次男のペアで二人乗りゴーカートに乗りました。
長男は運転しても良いと言われましたが、びびって運転を拒否しましたがハンドル操作のみしました。

高石児童遊技場と南児童遊技場で滑り台等で遊びました。

交通遊園は公園南端にあり、そこから歩いて北端近くの第二駐車場まではかなりの距離がありました。
駐車料金は始めの1時間は400円でそれ以降1時間ごとに100円加算されます。
11時半に入って17時すぎまで遊んでいたので駐車場代は900円でした。

ちなみに
肉 代:5,140円
飲み物:607円
お菓子:446円
乗り物:2,020円
で駐車場代とあわせて合計9,113円でした。

一日遊びに行ったら1万円かかるのですね。
子供たちが本格的に肉を食べるようになったら、もう少しお金かかりそうです。
後かたづけが面倒ですが、アウトドアはけっこう楽しいです。

アウトドアには台車が有効です。(荷締め機もあった方が良い)

今回は肉を焼いている写真を撮り忘れました。(カメラの電池が反対に入っているのに気づかず・・・)


         ↓↓↓↓参考記事には↓↓下記↓↓に1票よろしく!↓↓↓↓
    blogramのブログランキング    FC2ブログランキング  くつろぐ

テーマ:大阪 堺市 - ジャンル:地域情報

大阪ガスサービスショップの点検に注意 - 販売目的の無料点検 -
先日、とある大阪ガスサービスショップよりガス機器の無料点検をしますとの電話がかかってきました。
電話を受けたのは嫁で、大阪ガスが無料点検に来ると思いこみ点検日を設定してしまいました。

点検には私が立ち会ったのですが、嫁からは大阪ガスの点検と聞いておりましたが、
大阪ガスサービスショップの名詞を渡されたのであれって思いました。
まぁ無料だからいいかと思い、相手のみたい箇所を点検してもらいました。

点検の結果、給湯器は水漏れと熱交換器に変色ありと診断されました。
熱交換器は2年前ごろ交換しているが、現状で焦げて変色していると説明されました。
給湯器の状態が悪いのでお湯の出し始めで給湯器に日が入るのがちょっと遅くなっているとのことです。
また、熱交換器の交換作業についても配線が下手くそなど散々な避難を受けました。
これから冬にかけてガス機器の利用が増えてくるので、何時故障してしまうかわからない状態とも言われました。

我が家のガス機器は大阪ガスメンテナンスサービス会社と保守契約を結んでおり、
年点検とトラブル時の補修を行ってもらっています。
この前の熱交換器の交換も保守の範囲内で部品調達と交換作業を行ってもらっています。
大阪ガスメンテナンスサービス会社の保守契約は\9,540/年となっております。
トラブルの発生回数にもよりますが、ガス機器の故障は生活大きな影響があるので、何かの保守は必要と考えました。
ここ10年間でのトラブルは熱交換器の交換1回だけです。
10年間に支払った保守料金は95,400円になりますが、損得で言えば微妙なところです。
保守で得したとしてもその分トラブルが多かったということになるので、生活面での不自由回数が増えてしまいます。
保守って保険みたいなものなので何とも言えません。

この保守契約での年点検は今年の3月に行っているのですが、何の異常も報告されておりません。
半年ちょっとで給湯器が劣化してしまうことも考えられないので、
3月の点検の信頼性も含めてもう一度見に来るように大阪ガスメンテナンス会社に電話しました。
すぐに再点検を実施した結果、まったく異常なしとのことでした。
水漏れ後は熱交換器の交換作業時に少量の水がこぼれた跡で、熱交換器の変色はこの程度は当たり前とのことです。
ただ、10年超えているのでトラブルが増えてくる可能性はあると思われるとのことです。

大阪ガスサービスショップは保守サービスの紹介もしていきました。
「給湯らく得保証」の方が安いとのことです。
●給湯単体プラン・・・294円/月(3,528円/年)
●暖房接続プラン・・・点検なし630円/月(7,560円/年)
             1回/2年点検735円/月(8,820円/年)
             毎年点検840円/月(10,080円/年)
保守を給湯器のみに絞ると格安で済みます。
現状の毎年点検してもらえる大阪ガスメンテナンスサービス会社の保守と同等の「給湯らく得保証」ではちょっと割高です。この「給湯らく得保証」は大阪ガスサービスショップが担当する保守のようです。
給湯器が古くなったらガス代も高くなるとの説明をし、新しい給湯器の方が断然ガス代が安くなるなんてことも言われました。
営業目的では無いですよ~何て言ってましたが、明らかに営業目的ではと思いました。
光熱費の節約という面では、
送料無料★エコパネル(900mm×900mm)【快適生活】
があります。
機械的なものよりも家屋の対策の方が安価で取っつきやすそうです。

今回の大阪ガスサービスショップの無償点検は完全な営業目的のものだったようです。
給湯器はぼろぼろと言い、保守の悪口を言ったり、と思うと大阪ガスサービスショップは信用に欠けると思います。
大阪ガスサービスショップにはこんなこともあったようです。

大阪ガスメンテナンスサービス会社も大阪ガスサービスショップも
名刺のロゴマークはおなじみの大阪ガスのメークが入ってます。
どちらも大阪ガスの認めた関連会社のようです。

そろそろ給湯器の交換も考えないといけない時期にタイミングをはかったかのように現れたのも怪しいです。
いきなり電話してきましたが、どうやって電話番号を入手したのかも気になります。
大阪ガスサービスショップは大阪ガスの関連会社のようで、大阪ガスから個人情報が漏れているのではなんて思います。
こんな詐欺的な訪問点検する大阪ガスサービスショップは相手にしない方が良さそうです。

大阪ガスサービスショップが行いそうな「給湯らく得保証」も気をつけた方が良さそうです。
大阪ガス本体自体が詐欺行為を推奨しているのか!!
いろいろ後から考えると腹立たしいです。

この件については、一度大阪ガスの職員に聞いてみようと思います。


         ↓↓↓↓参考記事には↓↓下記↓↓に1票よろしく!↓↓↓↓
    blogramのブログランキング    FC2ブログランキング  くつろぐ

テーマ:住まい - ジャンル:ライフ

Windowsファイル共有でゴミ箱機能が使えたら - ファイルサーバーの誤削除対策 -
ローカルLANを構築したらファイルサーバーを設けることが多いと思います。
ファイルサーバーといってもサーバーOSでなくてもWindows7でもXPでもたてることができます。
PCやサーバーにある大容量HDDのフォルダに共有設定して複数のパソコンで編集しあうことは多々あると思います。

ある程度データを一元管理しておかないとクライアントPCのクラッシュ時に大切なデータが復旧できないと大変です。
小規模な組織でも何らかの形でファイルサーバーは導入されているかと思います。
パソコン内蔵のドライブであれば、通常、一端ゴミ箱に入るので、「あっ」と思ったDeleteでも元に戻すことができます。
しかし、Windowsのファイル共有機能を使っていれば、ゴミ箱が無いので元に戻すことはできません。
Explorer上で[Ctrl]+[Z]を押しても元には戻りません。

このような誤削除の対応などのために、作業はクライアントで行って
ある程度作業が完了した段階でファイルサーバーにアップするような仕事の仕方をするものも出てきます。
このクライアントからサーバーへのアップ作業でアップ間違いなども発生したりでデータが煩雑になります。

このようなファイルサーバーにおけるゴミ箱機能対策として、
ファイルサーバーをLinux計のOSにしてsambaを導入することでファイルサーバーにゴミ箱機能を構築することができます。
しかし、Linuxに抵抗があったりsambaの複雑な設定を管理できないことも多いと思います。

また、Windows Serverにはボリュームシャドーコピー機能が付いているのである程度の誤削除を復元できますが、
復元箱の容量が固定されるので新規データ領域に影響が出る可能性があったり、
スナップショットのタイミングによっては削除ファイルが復元されないことなどがあります。

そんな中、Windows計OSのファイル共有におけるゴミ箱機能を提供するソフトウェアとしてUndeleteがあります。
ウィンドウズのゴミ箱より強力な復元箱hukugenbako.gifという復元機能が備わっております。

undelete2009kino.gif

●リアルタイムデータ保護(イベントベース)
●Microsoft Office® ファイルの保護(上書きを含む)
●InvisiTasking® (インビジタスキング)テクノロジーによるバックグラウンド動作
●SecureDelete® 2.0 (セキュアデリート)で機密ファイルを完全削除
●ダイナミック復元箱(空き容量に応じた復元箱のサイズ設定)
●日数管理による削除ファイルの保護(例:7日後に消去など)
●フォルダーやファイルを名前や拡張子で除外(例:.tmp は保護しないなど)
●ローカルコンピュータ上のファイルを瞬時に復元
●Emergency Undelete® / ディスクからの復元で復元箱から削除したファイルも検索・復元
●コマンドライン機能
●フォレンジック情報の提供(削除したアカウントや時刻など)
●強力な削除ファイル検索機能
●フォルダーパスごとファイルを復元

ネットワーク機能も充実しており、シンプルで直感的なファイル復元操作なので各自への操作伝達も簡単です。

Undelete2009 日本語版 Server
Undelete2009 日本語版 Server
(2008/10/03)
Windows
\53,501
商品詳細を見る

このUndelete 2009 Serverをファイルサーバーにインストールし、
クライアントPCにDesktopClientやProfessionalをインストールすることで、共有ファイルのゴミ箱機能が成立します。
DesktopClienteはUndelete 2009 Serverに10ライセンス付属されております。

Undeleteにはその他にもMicrosoft Officeファイルの保護(上書きを含む)機能など多岐に渡る機能が付いております。

家庭のファイルサーバーへの導入にはちょっと高価かもしれませんが、企業であれば費用対効果は高いと思います。
ウィンドウズサーバーにあるボリュームシャドウコピー(VSS)やバックアップソフトとの機能の違いは以下のとおりです。
undelete2009kinohikaku.gif
なかなかの機能を有しているので、データ保護ツールとしてお勧めです。




         ↓↓↓↓参考記事には↓↓下記↓↓に1票よろしく!↓↓↓↓
    blogramのブログランキング    FC2ブログランキング  くつろぐ

テーマ:サーバー - ジャンル:コンピュータ

ウイルスバスター2012 クラウドにアップデート セキュリティソフト更新
自宅サーバーのセキュリティソフトをアップデートしました。
昔からトレンドマイクロのウィルスバスターを愛用しております。
セキュリティソフトの選定は、知名度と価格のバランスでもっともコストパフォーマンスが高いと判断しました。

今や一家に複数台あるパソコンに一台ずつセキュリティソフトのライセンスを購入していたのでは高くついて仕方ありません。
セキュリティソフトは常に新しいパッチ(ワクチン処方のようなもの)の提供が必要なため、
継続的な保守費用が必要なものが多いです。
日本ではマカフィ、ノートン、ウィルスバスターの3大セキュリティソフトがメジャーであり、
これらには保守費用は発生しますが、ウィルスバスターは1ライセンスで何とパソコン3台まで面倒見てくれるのです。
価格はダウンロード3年版で11,800円であり、3台インストールしたとすると
11,800円÷3台÷3年で1台あたり1,311円/年となります。
更新料金では3年版で11,000円なので1,222円/年・台です。
ウイルスバスター公式トレンドマイクロ・オンラインショップ
ウイルスバスター トレンドマイクロ・オンラインショップ

一家に一台しかパソコンを保有していない場合や知名度より安価さを重視するのであれば、
ウイルスセキュリティZEROなどもおすすめです。
ウィルス検知率などの性能自体は3大セキュリティソフトを上回る性能も発揮している面もあるが癖のあるソフトなので、
導入に際しては細部な面で覚悟が必要です。(パソコン単体ですべて利用している場合は特に問題なし)

長期に渡って継続しているウィルスバスターのバージョンアップのお知らせが来たのでインストールしてみました。
ソフトウェアのバージョンアップと言うとパソコンへの負荷が大きくなると考えがちで、
昔はセキュリティソフトのバージョンアップにより
パソコンへの負荷が非常にかかりパソコンのスペックをあげなければならない状態に陥ることもあったりしました。
しかし、ウィルスバスターでは2011からクラウド化により、端末への負荷を格段に軽減させることに成功しました。
前回のウィルスバスターのバージョンアップに関する記事はこちらを参照してください。

こんな経緯もあり今回の2012へのバージョンアップのお知らせを聞いて早速インストールしました。
インストールにあたり、クラウド化の拡大により前回バージョンに比してインストール時間は短くなったような感じです。
今回は2011から2012へのバージョンアップでしたが、
バージョンアップ後の感想としては何処が変わったのかよくわかりません。
自宅サーバーはAMDの超小型ファンレスパソコンでかなり低スペックです。
クラウド化前のウィルスバスターではかなりの負荷を感じておりましたが、クラウド化により軽さを実感しました。
率直な感想としては2011の方がやや軽かったのかなぁと思います。
ただ、クラウド化前と比べるとその差は歴然としており、
ウイルスバスター2012 クラウドは軽い仕様となっております。

ウイルスバスター2012 クラウドの注意点として、Internet Explorer6.0以下の環境ではインストールできません。
2011の時はIE6以下の場合、パフォーマンスの低下を招くことがあると注意書きが出ておりましたが、
続行しますかで[はい]を選択することでインストール可能でした。
今回はIE7の導入済みの自宅サーバーのみの適用です。
その他のパソコンではIE6を使っております。
ってか基本的にブラウザはFirefoxを使っているのでIEは不要なんですけど。

その他のパソコンはウィルスバスター2011 クラウドのままです。

PCに軽くてメジャーで安価なウィルスバスターの無料体験版はこちら

やっぱりセキュリティだけにメジャーソフトの方が安心感あります。
いままでひやりとしたことはありませんが、
ネットバンクなども一般化された現在では信頼できるセキュリティソフトの常駐が必要と思います。

スマートフォンのセキュリティにも対応できます。
ウイルスバスター公式トレンドマイクロ・オンラインショップ


         ↓↓↓↓参考記事には↓↓下記↓↓に1票よろしく!↓↓↓↓
    blogramのブログランキング    FC2ブログランキング  くつろぐ

テーマ:セキュリティ - ジャンル:コンピュータ




RSSフィード

最近の記事+コメント

広告スペース

いろいろアフィリエイトしてます。

入金に至ったASPはこちら



電報サービス VERY CARD









ベルメゾンネット









プロフィール

kすけ

Author:kすけ
2児の父であり貧乏サラリーマンでもあります。
パソコンやネットワークをあれこれ触っている内にインターネットの活用方法を模索するようになりました。
セコネタからグチや日常生活まで的を絞らず運営するブログです。

ブロとも申請フォーム


この人とブロともになる

ブログ内検索



楽天で探す
楽天市場

カテゴリー

ブロとも一覧

ちょっと寄り道しませんか?
ぶろぐいろいろ
あみパパ日記2
薬剤師の不養生
♪お気楽ままmikaのしゃべり放題♪
Suomen
不思議な不正義

最近のトラックバック

リンク






↓↓おこづかい通信↓↓購読者募集中
メルマガ登録・解除
おこづかい通信
 
 powered by メルマガスタンドmelma! トップページへ
この人と友達になる

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する