弱者のネット活用術
パソコンを用いたお得なネット活用方法を中心とした情報を配信します。
08 | 2008/09 | 10
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
F-NTTコミユニケ-シヨンズより入金
本日お小遣い通帳にF-NTTコミユニケ-シヨンズより入金がありました。
ASPの“My”アフィリエイトからで、入金金額は2,551円でした。
振込手数料は不要で、最低支払金額が1,000円なので早期入金可能なASPです。
クリック報酬単価の高い広告が揃ってます。
NTT系列だけに新しいASPですが広告数は急増中です。



         ↓↓↓↓参考記事には↓↓下記↓↓に1票よろしく!↓↓↓↓
    blogramのブログランキング    FC2ブログランキング  くつろぐ

テーマ:ネットでお小遣い稼ぎ - ジャンル:ブログ

Googleからのアクセスが1,000/月突破
Googleからのアクセスが1,000/月を突破しました。
FC2はGoogleに強いようですね。
Yahoo!は1/5の200/月で、MSNに至っては皆無状態です。

HPの方はmsnからのアクセスが多い分、Googleが少ないです。
GoogleテリトリーとMSNテリトリーてな感じで何か関係あるのかなぁ。

SEO対策は殆どしてません。
3年程しててこの程度のアクセスしかないとも言えますけど・・・
週2,3回の記事を書いてるだけで、これだけのアクセスが得られると思うとHP作成と比べて簡単にアクセスとれると思います。
RSSも自動構築みたいだし。

アクセスの多いのは
●ウィルスセキュリティ
●エコリカ
のトラブルに関するキーワードで、
その他においてもトラブルに関するキーワードが多い傾向にあります。

アドセンスではアボ~ン食らってますが検索エンジンとは無関係みたいです。
今後もカテゴリを絞るのではなく、様々なことについて思いついたときに思うように記事をアップしていきたいと思います。
継続こそ力なり!
あまり、一つのことに絞って記事を書こうとすると疲れますので・・・

ブログの頭から並べて閲覧しても意味判らないと思います。
できるだけカテゴリ分類してはおりますが、何でもかんでも思いつき情報が入ってますので、遊びに来られた方はカテゴリや検索窓等を利用して頂ければちょっとは理解を得られるかもしれません。


         ↓↓↓↓参考記事には↓↓下記↓↓に1票よろしく!↓↓↓↓
    blogramのブログランキング    FC2ブログランキング  くつろぐ

テーマ:SEO対策 - ジャンル:コンピュータ

流石めーる配信数復活
近頃、配信数が落ち込んでいた流石めーるですが、今週は復活傾向に転じたようです。
配信数では、1番めーるがダントツですが、クリック単価は流石めーるの半分以下。
ここでの流石めーるの配信数の復活には今後期待したいです。
古豪復活!!
流石めーる

配信されてきたメールをクリックするのは非常に面倒ですが、便利なお助けツールもありますので、作業を効率的に行って確実にポイントゲット。
■リードメールで稼ぐならこのツール!「Super-Clicks Ver2.00」■
時間は有効に活用しましょう。




         ↓↓↓↓参考記事には↓↓下記↓↓に1票よろしく!↓↓↓↓
    blogramのブログランキング    FC2ブログランキング  くつろぐ

テーマ:ネットでお小遣い稼ぎ - ジャンル:ブログ

LinkStationの背面FAN交換
BuffaloのLinkStationでメディアサーバーを構築しておりますが、何やら異音が発生するようになったと思っていたら、ついにフリーズしてしまったようです。
HD-HG300LANを使ってます。
hglan.jpg
別途TVキャプチャーとの接続によりアナログ番組の録画を制御することが可能です。
番組予約もWeb番組表から選択して予約することも可能であるし、ローテーション予約も可能です。
pcmv71.jpg
地デジチューナーの場合はちょっと組み方が変わってきますが、完全地デジ化されるまでは現状のアナログシステムで画像関係を管理する予定です。
このメディアサーバーに関するシステムも2年半前に組んだ訳ではありますが、メディア関連の新機種移行への動向が早すぎて、もう骨董品になってる感じですね。
したがって、たかだかHDDくらい買い換えればとも思いますが、このLANディスクはメディアサーバーを兼ねており、買い換えとなるとメディア関連に波及するため修理して使い続けることが得策です。

メディア関係システムをLANに組み込むことでテレビとパソコンをより近づけました。
周辺機器はすべてで統一しております。

2011年7月の地上デジタル放送の完全移行によって、多くの機器がゴミ箱行きになりそうです。
使い捨てが「もったいない」とかCO2を50%削減するとか国策もあるようですが、国策でアナログ放送断ち切って完全デジタル化へ移行するようなところに、やや、矛盾を感じますが・・・
地デジってそんなに魅力あるとも思えないのですが・・・
ちょっとタレントの顔が痩せて見える(本来の姿)だけのような。
デジタルとアナログの併用で何が悪いのでしょうか。
流通面を考えるとハード機器の買い換えによる消費アップと双方向通信を利用したテレビショップによる消費が伸びると期待されているのでしょうかねぇ。
まぁ、あまり賛成できませんが2011年7月の状況を見届けてから考えます。
急いで地デジ対応する意味がわかりません。

寄り道してしまいましたが、赤ランプの点灯状況から故障しているのは背面FANのようです。
背面FANの交換は容易にできるようです。
ファンの寿命って5年ほどはあるかと思ってましたが2年半で故障です。

使用されているファンは4cmの3線コネクタのファンです。

ファンの回転数を関知してファンの故障を判断しているようです。
赤と黒が電源±で青がファン回転数の信号です。
次回の故障に備えて3ピンコネクタを装着しました。

超静音ファンを装着したのでかなり静かになりました。

今回、交換および購入した部品です。

●4cm角厚さ10mm超静音ファンicon
iconicon

●ファン用延長ケーブル
3pincable.jpg




◆LinkStationの分解~ファン交換方法(HD-HGLAN)

1.化粧カバーを外す
ストッパーを精密ドライバー等で押しながら矢印の方向へスライドする。
上面と下面を交互に行うと完全に外れる。
linkstation1.gif

2.背面のネジを外す。
ネジでの固定はこの背面のネジ1本です。
linkstation2.gif

3.本体カバーを外す。
2カ所のストッパーを押さえながら矢印の方向へ力を入れる。
上面と下面を交互に行うと本体カバーを分離することができる。
linkstation3.gif

4.既設ファンを切断してコネクタ接続
既設ファンケーブルをニッパーで切断し、購入したファン延長ケーブルを結線する。
結線するコネクターはメスコネクタ(3ピン針が見えてる方)であることに注意。
結線する線の色は赤と黒を確実に同じ色とすること。
本体にある青線はファン回転数信号用なので、コネクター側の残りの線と結線する。
linkstation4.gif
購入したファンのコネクターと本体側のコネクターを接続し、
新しいファンをファン収納場所にはめ込む。
余った線をファンに巻き込まれないように収納する。
空きスペースが意外と広いので長目の線でも簡単に収納できます。

次からの交換はコネクター接続で簡単交換できます。

接続およびはめ込みが完了したら、本体カバーをはめた状態で電源を入れてみる。
LinkStationが通常に起動してファンの回転状況に異常が無ければ成功です。
ファンの回転情報が本体に認識できなければファンエラーとされてLinkStationは停止します。



         ↓↓↓↓参考記事には↓↓下記↓↓に1票よろしく!↓↓↓↓
    blogramのブログランキング    FC2ブログランキング  くつろぐ

テーマ:自作・改造 - ジャンル:コンピュータ

計量証明検査ってどうなの?
仕事で計量証明事業者に勤めていることもあり、計量管理に拘わることがあります。
関係部門は「騒音」、「振動」、「大気質」の事業登録を行っており、騒音・振動関係については、先日、環境計量士の登録ができたので、メイン担当になっております。
計量証明事業の登録を行うと、各種設備に関する管理を行うべく決まり事があります。
中でも計測機器の検査は法律で義務づけられており、騒音や振動に関する計量証明事業者は、検定を受けなければならない測定機材を所有する必要があります。
その検定は、
騒音計が5年に1度
振動計が6年に1度
の頻度で受けて合格する必要があります。
さらに、検定とは別に都道府県で実施している計量証明検査も受ける必要があり、計測機器を抱えているだけで管理費用が発生します。
計量証明検査は、3年に1度受けて合格する必要があり、各都道府県の計量検定所より事前に日時を指定されます。
先日、その計量証明検査を受けてきました。

そこで、検定や検査に関する費用について疑問に思うことが出てきました。
検定と計量証明検査では、検定の方が厳しい検査であり、計量証明検査の実施6ヶ月前に検定に合格した機器は計量証明検査を免除することができるとあります。
ってことは、検定の有効期限と計量証明検査の実施日が均衡している場合は検定を前倒しで実施して計量証明検査を受けた方が検査費用がお得と言うことになります。
ここで、それぞれの検査費用を紹介します。
●検定
普通騒音計(20Hz~8kHz)・・・・・16,100円/台
精密騒音計(20Hz~12.5kHz)・・・28,600円/台
振動レベル計・・・・・・・・・・・・・・・25,100円/台
●計量証明検査
普通騒音計(20Hz~8kHz)・・・・・22,700円/台
精密騒音計(20Hz~12.5kHz)・・・37,300円/台
振動レベル計・・・・・・・・・・・・・・・32,400円/台
あれれ・・・厳しい検査である検定の方が検査費用が2~3割程度安いです。
ってことは、1ヶ月前に計量証明検査の実施に関する通知がくるので、その通知を受けて計量証明事業に登録している機器を検定に合格させれば計量証明検査代金は0円となります。

上位の検査費用の方が安いって何か矛盾してますね。

それと、計量証明事業者は保有すべき機材の台数が決められており、
普通騒音計(20Hz~8kHz)・・・・・3台以上
精密騒音計(20Hz~12.5kHz)・・・1台以上
振動レベル計・・・・・・・・・・・・・・・3台以上
周波数分析機・・・・・・・・・・・・・・・1台以上
データレコーダ・・・・・・・・・・・・・・・1台以上
三脚
となっております。
実際に計測業務を行う場合はこれ以上の台数を保有することは多々あります。
しかし、すべての機器を登録する必要は無いようです。
最低保有台数の登録にしておく方が検査費用を抑えられると言うことですね。
かなり曖昧な決まりです。
事実、台数不足は単発でリースすることがあるので、検定さえ合格しておればトレーサブルであることは証明でき、すべての機器が計量証明検査に合格しておく必要はありません。

ちなみに、検定はJQA((財)日本品質保証機構)に持ち込んで行っております。
ちょっと気づいたのですが、計量検定所に機器類を持ち込んだとき、JQAの検査用バスが横付けされておりました。
これって、JQAに委託してるのかなぁ。
ってことは計量検定所が2~3割ピンハネしてるのでしょうか・・・
それとも、検査基準値は計量証明検査の方が易しいが検査項目は検定より多いのか?
環境計量士で有りながら、検査項目の違いまでは知りません。
なんかピンハネのような気がします。
それは、検定所の職員ってやたらと年配者が多い様子から窺えます。
恐らく、公務員の年功序列からすると殆ど1,000万以上の高給取りが集まってそうです。
その仕事内容が、検査作業や計量士の登録事務手続きであるならば、美味しすぎる!!
環境に係る検査機器や質量計の台数はしれてると思いますが、タクシーメータの検査等も行っているので、その検査費用はかなりの売上げになると思います。
計量士の登録代金の高さなどからもかなりの予算にゆとりのある組織なのでしょうか。
予算にゆとりがあるから年寄りの高給取りが配属されているのかもしれません。
この前の計量士の登録のときからそんなことばかり考えてました。

環境計量士の国家試験対策は
よくわかる!環境計量士試験騒音・振動関係 第4版―合格を確実にする 出題内容の整理!問題を解きながら学んで合格!! (国家・資格シリーズ 110)よくわかる!環境計量士試験騒音・振動関係 第4版―合格を確実にする 出題内容の整理!問題を解きながら学んで合格!! (国家・資格シリーズ 110)
(2007/12)
久谷 邦夫

商品詳細を見る

がお勧めですよ。

計量証明事業ではどこぞの業者も全然儲かってなさそうですが・・・(参考記事
その事業登録を管理している人間はジャブジャブやってんだね!!
勝ち組負け組・・・
会社からは儲からない設備に係る経費は削減するように言われるし、仕事は徹夜作業を伴ったり、思うような結果が得られないとか悩まされるし、つらいですね。

まぁ、今更0からやり直す訳にはいかないので、生活基盤として得られる所得のためとテキトーに流して本業は効率的に済ませて、自分の時間を多くとる。
結局、みなさんじり貧になってくるので、副業に専念するような生活リズムになってきますね。
したがって、今後の仕事量と単価下落を考慮すると、この業界の技術は伸びないと思います。
エネルギー系の環境はブームになっているようですが、公害に関する環境については今後ますます厳しい状況になりそうです。

環境計量士よりも合格率のやや高い一般計量士の方が有効な資格ではとも思います。


         ↓↓↓↓参考記事には↓↓下記↓↓に1票よろしく!↓↓↓↓
    blogramのブログランキング    FC2ブログランキング  くつろぐ

テーマ:ちょっと聞いて - ジャンル:ブログ

リンクシエアジヤパンより入金
本日、お小遣い通帳にリンクシェア・ジャパンより入金がありました。
入金金額は1,575円で振込手数料は不要でした。
成果報酬に消費税を上乗せして支払ってくれるありがたいASPです。
1円から入金してくれるので成果が即入金につながります。
アフィリエイトならリンクシェア
今月は谷間かと思ってましたが以外と入金額多いです。


         ↓↓↓↓参考記事には↓↓下記↓↓に1票よろしく!↓↓↓↓
    blogramのブログランキング    FC2ブログランキング  くつろぐ

テーマ:ネットでお小遣い稼ぎ - ジャンル:ブログ

カ)アドウエイズ(JANet)より入金
カ)アドウエイズより本日3回目の入金が確認されました。
ASPのJANetでジャネットと呼びます。
入金金額は13,206円で振込手数料は不要です。
5,000円からの振込になるので、入金まで時間のかかるASPですが、広告によっては成果の承認が早くて正確なように思います。
今月は入金回数が少なそうですが、この2件でかなりの報酬となりました。
http://draft.j-a-net.jp/banner/NEXT


         ↓↓↓↓参考記事には↓↓下記↓↓に1票よろしく!↓↓↓↓
    blogramのブログランキング    FC2ブログランキング  くつろぐ

テーマ:ネットでお小遣い稼ぎ - ジャンル:ブログ

バリユ-コマ-ス(カより入金
本日2回目の入金がありました。
入金してくれたのはバリュマースで10,600円でした。
振込手数料も6月から不要となり、1,000円から入金してくれるように変わっております。
入金されやすくなったと思います。



         ↓↓↓↓参考記事には↓↓下記↓↓に1票よろしく!↓↓↓↓
    blogramのブログランキング    FC2ブログランキング  くつろぐ

テーマ:ネットでお小遣い稼ぎ - ジャンル:ブログ

株式会社 インタ-スペ-ス
本日、お小遣い通帳に株式会社 インタ-スペ-スより入金がありました。
株式会社 インタ-スペ-スはASPのアクセストレードで、入金金額は5,836円でした。
振込手数料は不要で1,000円から入金してくれます。
G-Pointやネットマイルを経由すると1円の報酬から交換することが可能です。
今月は谷間で入金少なそうですが、今月1回目の入金でした。
アクセストレード


         ↓↓↓↓参考記事には↓↓下記↓↓に1票よろしく!↓↓↓↓
    blogramのブログランキング    FC2ブログランキング  くつろぐ

テーマ:ネットでお小遣い稼ぎ - ジャンル:ブログ

住宅ローン借換は変動金利
住宅ローンって金利が固定されている方が計画たてやすいようで、今後、いっきに上昇していくような予想から、35年固定で住宅ローンを組んでおりました。
住宅金融公庫のフラット35で10年まで2.55%10~35まで4.00%という金利設定でした。
住宅金融公庫は、現在、住宅金融支援機構という組織に変わっております。
ローンを組んだのは7年前。
当時は、住宅価格も底値で、今、購入すれば住宅ローン特別控除も受けられるよってなお勧めで35年ローンを組みました。
その当時のローンに関する説明は、金利は、今が底で、今後、増加していくとのことでした。
増加すると予想されている金利は固定した方が安心と思ってました。
でも、固定金利って変動に比べて割高なんですよね。
結局7年経っても変動金利は殆ど上昇しませんでした。
この前のサブプライム問題や住宅バブルが弾けたことなどから見ると、今後、分譲住宅の販売は伸びないと考えられます。
今後、住宅の販売が伸びないと想定される中、輪をかけて変動金利を上げることができるでしょうか・・・
当面、住宅ローンの金利はあがらないでしょう。
10年単位であがらないと見ました。
そこで、低金利時期である10年未満ではありますが、受託ローンの見直しを行うことにしました。

金利は、各銀行によって異なっておりますが、基本的には日本銀行が経済状況を勘案して決めたものがベースとなるみたいです。
各銀行によって提案されている金利が異なるのは、ローン契約の優待条件の違いからなるもので、企業努力による差です。
住宅ローン情報ナビでシミュレーションしてみるとよくわかると思います。
銀行等では金利が高めの設定となっているフラット35を勧めているみたいです。
 

私はお勧めとは逆行して変動金利を選択しました。

●変動金利の選択
結局、変動金利に優待を考慮して2%以下の金利のローンに切り替えました。
残り3年分の金利差については1%もありませんが、今後3年で1%近くも上昇するとは考えにくく、10年以降の4%と比べると2%以上の差があるので、今の設定より金利が上回ってしまう可能性はかなり低いと見込みました。
●支払い方法を一括月払い
月払いと、ボーナス払いと分別しておりましたが、支払い方法を月払いのみとして利息の支払いを節約することにしました。
ボーナス払いを設定すると半年ごとにボーナス分を支払うため一括月払いに比してボーナス支払い分について5ヶ月分余分に利息を支払うことになります。
ボーナス支払い分を想定して通帳に積み立てておくことによって、毎月支一括払いすれば月の支払いとボーナスの支払いは以前と同様にすることができます。
●無理のない返済期限
借換時にも返済期間を再設定することができます。
新規ローンを組むときにもアドバイスされたことですが、返済期間の設定は無理のない期間にしてゆとりを設けるべきです。
特に、変動の場合は金利が少なからず変動しますので、金利上昇時には月々の支払額が金利上昇に応じて補填の意味合いから増やす必要があります。
一度、短くした返済期間を延ばすことはできません。
ローンの借換の場合は、当初の期間を引き継ぎます。

住宅金融公庫(現、住宅金融支援機構)で融資を受けても意味無いなかなぁ。
メリットがありました。
公庫で融資を受ける際に加入した火災保険です。
かなりの安価で好条件となっているので、こちらの火災保険を35年間は利用しましょう。
公庫仕様ということによる信頼もありますね。
新しい物件探しは、ホームウィズネットで検索すると世間相場や仕様が理解できて便利ですね。

今回の借換は、いろいろ検討しましたが、借換は三井住友銀行変動金利1.875%で行いました。
その選定理由は、
●1%の優待を受けられる。
●インターネットでいつでも無料で繰り越し返済
●ポイント還元:One's plus(ワンズプラス)ポイント
●メインバンクであった(給料、クレジットカード等)

です。
中でもインターネットを利用した繰越返済は1円から可能で手数料が一切不要なところがお勧めです。
インターネット銀行を除く銀行では三井住友銀行しか無料サービスは行ってません。
月々の返済金額に応じて三井住友銀行のOne's plus(ワンズプラス)ポイントが加算されていくので、ポイント数はかなり大きく加算されていきます。
蓄積したOne's plus(ワンズプラス)ポイント自体はATM費用等しか使い道がありませんが、三井住友VISAカードのポイントへ移行することができます。
クレジットカードのポイントへ移行した場合には多種多様の景品と交換できます。
三井住友カード

今回のローン借換は繰り越し返済も同時に行ったので当初ローン計画に比して大幅にかわり、1千万近く総支払い額が変わりました。
繰越返済に充てすぎたようなところもありますが、今後、住宅ローンに専念する必要はなくなりました。
ゆとりのある月額と返済期間を設定しておきました。
ちょっと気になることが住居の次に大きな物となる生活必需品である自動車です。
繰越返済にお金を回しすぎて10%弱の自動車ローンを組んだのでは意味がありませんね。

まぁ、大きな返済を行ったので肩の荷が少し減ったようです。
昇給が横ばいでも年間のローン返済額が減ったので、よほどのことがない限り支払い不能になることは無いと見ております。


         ↓↓↓↓参考記事には↓↓下記↓↓に1票よろしく!↓↓↓↓
    blogramのブログランキング    FC2ブログランキング  くつろぐ

テーマ:住宅ローン - ジャンル:ファイナンス

ケーブルテレビ(CATV)契約者ってNHK受信料支払う必要があるの?
ケーブルテレビ(CATV)と契約してテレビを視聴している場合、NHKは自動的に映ります。
しかも、衛生放送まで映る環境になっております。
見れるんだからNHK受信料払う義務があるんですよ!!
って流れになってますね。
これってほんとですか?
こんな疑問を半年ほど前から持っておりました。

ケーブルテレビと契約すると基本料金のみで見れるチャンネルと別途契約が必要なチャンネルがあり、別途契約が必要なものは契約しないと映像が映らないようになってます。
当然ながら有線で信号を送信しているのだから、ケーブルテレビ側で簡単に制御できるものと思われます。
NHKの信号についても同様で、一度、ケーブルテレビで受けた信号を再送信しているはずなので、
NHK契約状況に応じた配信が可能だと考えられます。

疑問に思ったので調べてみると、
NHKとの契約は放送法で決められており、第32条に「協会の放送を受信することのできる受信設備を設置したものは協会とその放送の受信についての契約をしなければならないただし、放送の受信を目的としない受信設備又はラジオ放送(音声その他の音響を送る放送であつて、テレビジョン放送及び多重放送に該当しないものをいう。)若しくは多重放送に限り受信することのできる受信設備のみを設置した者については、この限りでない。」とあります。
NHKの信号をアンテナで受けてそれを見れるチューナー内蔵のテレビを設置したものには契約義務がありそうです。
但し書きでラジオ等の映像が映らないものは受信設備で無いようです。

ここで、協会の放送って何だということですが、
協会とは日本放送協会のことでNHKです。
では、放送とは何でしょう!
これは放送法第2条の定義に明確に書かれております。
第2条第1項に「「放送」とは、公衆によつて直接受信されることを目的とする無線通信の送信をいう。」と定義されております。
ここをよく見てください。
「放送」とは無線通信なのです。
したがって、「協会の放送を受信することのできる受信設備」とはNHKの無線通信を受信することのできる受信設備なのです。
ケーブルテレビを契約されている方で、無線アンテナを立てて、さらにそのアンテナからも信号を受信するような回路を組まれている方は居ないと思います。
アンテナはあったとしてもケーブルはつながっていないでしょう。

したがって、ケーブルテレビ視聴者にはNHKとの契約義務は無いのです。
義務は無くても契約することは可能なので、双方の合意を得られれば契約は成立しますね。
この状況ってちょっとした詐欺的行為ですよね。

NHKの見解では、「第32条には協会の放送を「直接受信出来る」ではなく単に「受信出来る」となっている。このことは、アンテナを用いて直接受信しようがケーブルテレビによる再送信で間接的に受信しようが「受信出来る」には変わりなく、最終的にNHKの放送が視聴可能であればケーブルテレビであっても受信契約義務は発生する。アンテナが「自宅にあるか」「自宅以外にあるか」の違いだけであり、有線テレビジョン放送法にはその点についての表記が無いが、これは「書くまでもないこと」ゆえに他ならない。」としております。
この考え方はちょっと強引だと思います。
直接受信と単に受信となっているの違いを主張されておりますが、
放送の定義が「公衆によつて直接受信されることを目的とする無線通信」であるため
ケーブル回線を介した再送信データである時点で直接受信された無線通信で無くなっているとの解釈が妥当であり、
第2条を無視したNHKの主張は厳しいと思います。

したがって、NHKと契約するのはNHK放送を再送信しているケーブルテレビ業者であるべきなのです。
NHKとケーブルテレビとの契約後に、
ケーブルテレビとその顧客との契約によってNHK放送を転送するか否かを決めればいいのです。
そうなれば、ケーブルテレビ側は別途料金を追加した営業を余儀なくされるため、
顧客獲得に不利な条件となってしまいます。
ってなことで、ケーブルテレビ側はNHKの受信料を除くとの条件付きで基本料金を設定しているようです。

ここで、NHKとは、公共性の高い放送である故に国民より平等に受信料を徴収するとの前提から成り立っているようです。
では、公共性が高いのであれば道路みたいに税金で賄えよ!って思うかもしれません。
税金で賄った場合、テレビを所有せず全く映像を見ない人からもお金を徴収することになるので不公平が生じて問題になるのでしょう。

この前提においても公共性の高い放送だからって、テレビを所有している人から受信料を徴収して、
視聴を強要するのもいかがなものかとおもいますが・・・

このようにNHKの取り扱いというか位置づけは非常に複雑で難しい問題なので、
このような曖昧な状態で対応されているみたいです。

以上のような考え方から、ケーブルテレビとNHKのダブル契約に疑問を感じた方はどうすれば良いのでしょう・・・
それは、アンテナを立ててケーブルテレビを解約するか、
ケーブルテレビを継続しながらNHKとの契約を解約するかの2択であると思います。

上述にも少しふれましたがNHKの法の解釈には行きすぎた都合の良い解釈をしている面があるので、
NHKの解約には話がこじれるとなかなか進まないトラブルに見舞われることがあります。
例えば、滞納があれば解約できないとか、放送法第2条の解釈についてNHKの強引な解釈を押しつけられて契約を継続させられるとか、NHKは様々な方法で解約者を拒みます。
解約について不安な方は以下のような資料も参考にしてみてはと



私はNHK解約の道を選択しました。
NHKと契約していなくても罰則等無いみたいです。
逆に契約していると、放送法ではなく契約事項のなかで受信料の支払い義務が生じます。

放送受信料払い込みのお知らせが半年~年に1度くらいの間隔でやってくるのは、民法における短期消滅時効(民法173条)があるからでしょう。
契約上の請求権があっても、2年以上請求しなければ請求権利は消滅してしまうとのことです。

受信料を払う気が無い人は解約、解約しない人は早めに支払いましょう。
受信料を滞納し続けてもNHKが2年以内の間隔で請求行為を行う限り、
法的には全額支払わなければなりません。

アナログ回線で視聴している現状ではこれで良いと思いますが、完全デジタル放送化になったときは、NHKの契約を巡って対応策を考える必要がありそうです。


         ↓↓↓↓参考記事には↓↓下記↓↓に1票よろしく!↓↓↓↓
    blogramのブログランキング    FC2ブログランキング  くつろぐ

テーマ:伝えたいこと - ジャンル:ブログ

自宅サーバーにWinXP SP3(ServicePack3)をインストール
WinXPで稼働させている自宅サーバーにServicePack3をインストールしました。
WinXPのSP3は2008年4月頃に発表されたと思いますが、SP2の時のような不評を聞いてなかったので、翌5月に常時利用しているノートPCにインストールしてみたところ作業環境に致命的な不具合が発生してアンインストールしてました。
その時も完全にアンインストールできない状態に陥り、かろうじで通常利用できるようになってましたが不安定でした。
そろそろWinXPの再インストールも考えておりましたが、もう一度入れ直してみようと再チャレンジしたところ不具合は解消されたので、他のPCにも導入してみました。
他のPCにSP3をインストールしてみて1週間ほど様子を見ておりますが、特に不具合は発生しておりません。
以前に発生した不具合についても発生しなくなっております。

ただ、Diskeeper8についてはデフラグ開始時に
「スナップインにエラーがあることが、MMCにより検出されました。MMCを終了してから再実行してください。」
との以前と同様のエラーメッセージが出てきました。
snapinerr.gif
ここで、「このセッションの間、このスナップインの実行を続行し、エラーを無視する(C)」を選択したまま[OK]をクリックすると問題なくデフラグできました。
以前のエラー発生時は常にこのエラーが発生しておりましたが、今回のSP3導入の際には一度無視するを選択すると、このエラーメッセージがポップアップされなくなりました。

WinXP SP3の必要性って何なんでしょう・・・
後々SPバージョンに対応できなくなってインストール等できなくなることが必修なので、今は必要性や改善内容を判らずに導入しております。
ただ、コンピュータの動作が早くなったと体感できるようになりました。
この体感速度は低スペックのPCほど感じられる傾向にあります。
ネットワークに及ぼしていた不具合は全く解消されております。

当自宅サーバーもAMD500MHzのCPUにDDR-SDRAM512MBのメモリを搭載した超小型PCなのでWinXPの動作にはリソース不足で非常に動作が遅いです。
サーバー専用なので動作の速さは関係ありませんが、メンテナンス時等リモートを介して操作していることもありますが遅すぎです。
直接操作すればましかもしれませんが、このSP3に動作速度の解消を期待しております。
このSizkaシリーズのメリットは消費電力が小さいく、ファンレスなので無音であり、さらに、超小型で場所を取らないこととため、単に電源を入れて待ち受けしているサーバーにはもってこいなPCなのです。
sizuka.jpg
2007年4月より不休で稼働させておりますが1年以上フリーズ等のトラブルは一度もありません。
ファンレス極小のため熱暴走なども懸念しておりましたが、昨年および今年の真夏を難なく乗り越えたので熱感強にもかなり耐えうる仕様となってます。
PC設置場所は2F寝室であり真夏の日中はエアコンを使用していないため室温が35~39℃程度まで上昇します。
そのような環境に耐えているのでかなりお勧めだと思います。
小型なのでルーター等一式屋根裏へとも考えましたが、屋根裏の温度は45~50℃くらいはいってそうなので、さすがにフリーズすると思い諦めました。

やはり低スペックの性かインストールするのに1時間以上要してしまいました。


         ↓↓↓↓参考記事には↓↓下記↓↓に1票よろしく!↓↓↓↓
    blogramのブログランキング    FC2ブログランキング  くつろぐ

テーマ:自作・改造 - ジャンル:コンピュータ

Find-Aの紹介報酬2.5倍キャンペーンが9月30日まで延長
先月登録したFind-Aの紹介報酬2.5倍キャンペーンが9月30日まで延長されました。
通常の紹介報酬は400円/件ですが、2.5倍キャンペーンなので1,000円/件となっております。
Find-Aでは高額クリック報酬の広告が多く揃えられております。
まだ、登録してない方は早めの登録をお勧めします。
アフィリエイトのFind-A



         ↓↓↓↓参考記事には↓↓下記↓↓に1票よろしく!↓↓↓↓
    blogramのブログランキング    FC2ブログランキング  くつろぐ

テーマ:ネットでお小遣い稼ぎ - ジャンル:ブログ




RSSフィード

最近の記事+コメント

広告スペース

いろいろアフィリエイトしてます。

入金に至ったASPはこちら



電報サービス VERY CARD









ベルメゾンネット









プロフィール

kすけ

Author:kすけ
2児の父であり貧乏サラリーマンでもあります。
パソコンやネットワークをあれこれ触っている内にインターネットの活用方法を模索するようになりました。
セコネタからグチや日常生活まで的を絞らず運営するブログです。

ブロとも申請フォーム


この人とブロともになる

ブログ内検索



楽天で探す
楽天市場

カテゴリー

ブロとも一覧

ちょっと寄り道しませんか?
ぶろぐいろいろ
あみパパ日記2
薬剤師の不養生
♪お気楽ままmikaのしゃべり放題♪
Suomen
不思議な不正義
だから俺は原付に乗る。

最近のトラックバック

リンク






↓↓おこづかい通信↓↓購読者募集中
メルマガ登録・解除
おこづかい通信
 
 powered by メルマガスタンドmelma! トップページへ
この人と友達になる

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する