弱者のネット活用術
パソコンを用いたお得なネット活用方法を中心とした情報を配信します。
09 | 2017/10 | 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
自宅サーバーのSSDに異常発生か! - Outlookに異常が出て起動できず -
4年前にSSD化したwebサーバーに不具合が出てきました。
webサーバー兼Outlookの常時起動を行っているのですが、そのOutlook2013が起動しなくなりました。
Outlook2013をアンインストール後に再インストールしても症状は変わりません。
一部のフォルダにアクセスできなくなっているようです。
これはSSDの不良ブロックの影響かと考えました。

4年間つけっぱなしのSSDは健康状態96%で問題なさそうなのですがよくわかりません。
4yearswebsrv1.jpg

よくわからないのでAcronisで4年前の状態に戻してみることにしました。
 

4年前はOutlook2013をインストールしていなかったので、再クローン後にインストールするとOutlook2013が起動しました。
そろそろSSDが寿命なのか・・・
とりあえず、この状態で使用し続けてみて多のトラブルが立て続けに出るようでしたらSSDの交換を考えます。
5年は保ってほしいのですがね!
本体の寿命やOSの限界もありますので、もう少しこの状態で使い続けてみます。


         ↓↓↓↓参考記事には↓↓下記↓↓に1票よろしく!↓↓↓↓
    blogramのブログランキング    FC2ブログランキング  くつろぐ

テーマ:トラブル - ジャンル:コンピュータ

TVサーバー修理完了 - 自作PCの電源容量に注意 2.5inchディスク(4TB)交換で省電力化 -
TVサーバーの修理に悪戦苦闘しておりました。
電源付ケースが届いたので、故障原因の特定のため、古いD525MWに接続してみました。
起動するではないですか~

ってことで、今回のTVサーバーの故障は電源ユニットであったことが判明しました。
買い換える必要が無かったD525MWですが、せっかく購入したので新しいマザーボードに載せ替えました。

電源容量オーバーによるトラブルであったことから、ファイルサーバー用のディスクは2つから1つに減らすことにしました。
2.5inchの2TBx2個を考えておりましたが、2.5inchの4TBx1個にしました。
金額は2TBx2個と4TBx1個とほぼ同等です。
 

今度は間違えずに2.5inchを注文しました。
今回のトラブルはディスクのサイズ間違いが発端ですから。

mini-ITX用ケースですが、300W電源付でPCIボード対応なので以前のものより一回り大きいです。
tvserverbox1.jpg
しかし、大きくなった分、組み込みが楽になりました。
300W電源ですが、安価なだけにファンの音は結構あります。
床下に自宅サーバーを設置しているので、ファンの音は大して気にする必要なく問題ありませんでした。
SFX電源なので電源の交換も容易にできるかと思います。

tvserverbox2.jpg 
全面はスピーカーみたいなデザインです。
ケースの立て付けも値段の割にしっかりしております。

tvserverbox4.jpg 
背面はPCIボードが1枚取り付け可能で、PT2を取り付けております。
電源は安っぽいですがSFX電源となっております。

tvserverbox3.jpg
2.5インチHDDは3.5インチベイのスペースとなっているところに変換マウンタで取り付けました。
しかし、この2.5インチHDDは分厚いです。

このケース気に入りました。

完全復旧できたので床下に収納しました。
underthfloor.jpg
マザーボードD525MWも一新したので、落雷で壊れていたオンボードのネットワークアダプタも復活してすっきりしております。
webサーバー用のshuttleはUSBのネットワークアダプタを外付けしております。

5年弱でプチリリースすることになり少し残念です。
当初の120W電源のACアダプタという構成に無理があったのでしょう。
電源ユニットはある程度余裕を持ったものにすべきだと痛感しました。
今度のケースにはSFX電源が搭載されているので、電源ユニットが逝っちゃっても上級のものに交換できます。


電源に余裕が出たせいか、以前よく出ていたEpgTimerのエラーも出なくなったので、定期的な再起動も不要かと思います。
あと5年以上使いたいです。



         ↓↓↓↓参考記事には↓↓下記↓↓に1票よろしく!↓↓↓↓
    blogramのブログランキング    FC2ブログランキング  くつろぐ

テーマ:自作・改造 - ジャンル:コンピュータ

TVサーバー故障 応答無し 電源は入らない - AtomPCの電源ユニット故障 -
TVサーバーが応答しなくなりました。
自宅サーバーは床下に設置したので、操作はリモートですが、フリーズしたら手が出ません。
床下をあけて電源ボタン長押しで強制終了による再起動を試みますが、電源LEDが点灯するだけでBIOSが立ち上がりません。
何度かトライしていると、電源LEDすら点かなくなりました。

ディスク容量が不足してきたので、容量アップの交換にディスクを購入したのですが、2.5インチと3.5インチを間違ってしまいました。
より安価なディスクを探していたので、3.5inchを見落としておりました。
SSHDがこの値段なら買いだと飛びついてしまったのです。

D525MWはAtomの省電力マザーボードでSATAポートは2つです。
ファイルサーバーも兼ねていたので、システムディスクとは別に1TBのHDDをSATAとUSBで2台増設しておりました。
そこに3.5インチのSSHDを2つ間違えて購入したので、うち1台はSATA接続して、別途2.5インチHDDを買い換えることにしてました。
年末にこのような取り違えをしており、1台のHDDを2.5インチから3.5インチに変更しておりました。

特に問題なく動いていたのですが、2週間ほどでこのトラブルに見舞われました。

3.5inchディスクに変わったことにより、120Wの電源ユニットの負荷が増えたために壊れたものと思います。
代わりの電源ユニットを探すことになったのですが、ACアダプタ仕様のケースであったため、
ファン付の電源ユニットを配置するスペースがありませんでした。
デスクトップPC用のACアダプタユニットを探したのですが、サーバー構築時ほど種類がありませんでした。
同様の120Wである玄人志向のKRPW-AC120Wを購入しました。

ACアダプタはファンレスの電源ユニットなので静音効果抜群なのです。

しか~し、ここから泥沼にはまってしまいました。
届いた電源ユニットを繋いでみたのですが、一瞬電源LEDが点灯するだけでまったく立ち上がりません。
D525MWのマザーボードの故障が頭をよぎりました。
検索してみると意外と安価で売れ残っていたので、再インストールを考慮して同D525MWを安易に注文しました。
4,5年前のマザーボードですが、Intelだけに長期間入手可能なのか・・・

たまたま安価なものが手に入りましたが、現在は高価になっております。

これで直るかと思いきや、買い換えたD525MWを接続しても同様で、一瞬LEDが点灯するだけで起動しません。
余分なディスクやPT2を外しても起動しませんでした。
電源ユニットかマザーボードのどちらかが不良品なのか、電源容量不足なのかわかりません。

ここまで来たら、電源容量不足が原因として走るしかありません。
何か追い詰められたような気分で電源付ケースを探すことにしました。
mini-ITX用のコンパクトケースでPCIボードであるPT2を取り付けることのできて、
さらに、電源付の安価なものを探すのが大変でした。


何とか安価なケースが見つかったので、このセットで復旧を目指します。


         ↓↓↓↓参考記事には↓↓下記↓↓に1票よろしく!↓↓↓↓
    blogramのブログランキング    FC2ブログランキング  くつろぐ

テーマ:自作・改造 - ジャンル:コンピュータ

クラウドのタイムスタンプがずれるのはタイムゾーンが原因 ◆インターネットサービスの時間トラブル
最近何かと便利なクラウドサービスですが、データ等のタイムスタンプが狂っておりました。
ちょうど9時間ずれております。
利用しているクラウドサービスはOneDriveです。
Windowsとの相性がばっちりで公私ともに重宝しております。
こちらよりMicrosoftアカウントを作成するともれなく0.5GBのボーナスが与えられます。

特に重大な問題がなかったので放置しておりましたが、原因がわかりました。
コンピュータの時間はイギリスのグリニッジ標準時が基準となっており、
タイムゾーンの設定で各国の時間を表示させております。

タイムゾーンの設定は各PCでセットアップ時に設定されていますが、
インターネットを経由するクラウドサービスではクラウド上のタイムゾーンが適用されるようです。
データのアップロード時にクラウド上のタイムゾーンに合わせた時間になります。
日本のタイムゾーンはGMT+9時間なので、9時間のずれがある場合はタイムゾーンの設定がGMTであると考えられます。
他のタイムゾーンの場合もあり得ますので、
時間のズレ方が時間のみで分と秒が合っている場合は同様にタイムゾーンの設定不良と考えられます。

OneDriveのタイムゾーンの設定はマイクロソフトアカウントにログインして行います。
https://account.microsoft.com/?lang=ja-JP&refd=account.live.com&refp=landing
「あなたの情報」→「個人情報の編集」→「」
onedrivetimezone1.jpg
「あなたの情報」をクリックします。

onedrivetimezone2.jpg
「個人情報の編集」をクリックします。

個人情報にあるタイムゾーンのプルダウンをクリックして[東京,日本-JST]を選択します。
onedrivetimezone3.jpg
タイムゾーン変更後に[保存]クリックします。

クラウドサービスはOneDriveが便利です。
とりあえずアカウントを持ちましょう。
こちらよりMicrosoftアカウントを作成するともれなく0.5GBのボーナスが与えられます。

同様の時間記録のずれはruntastic(ランタスティック)でも起こっておりました。
runtasticはフィットネスアプリでランニングやウォーキングを記録することができます。
スマホのアプリ上では履歴時刻が正常に表示されているのですが、サイト上の履歴を見るとやはり9時間ずれておりました。
こちらもタイムゾーンの設定を行うことで正常な時刻が表示されるようになりました。
runtasticでのタイムゾーンの設定はアカウント横にあるプルダウンから設定に入って行います。
runtastictimezone.jpg
設定にあるタイムゾーンで自分の地域を選択して[保存]をクリックします。
国内都道府県が選択可能ですが、すべてGMT+9:00なのでグリニッジ標準時+9時間で同じです。
都道府県の意味があるのかはよくわかりませんが、自分の地域に設定しました。

このようにクラウドやインターネット上のサービスを利用するときはタイムゾーンの設定に注意する必要があるようです。



         ↓↓↓↓参考記事には↓↓下記↓↓に1票よろしく!↓↓↓↓
    blogramのブログランキング    FC2ブログランキング  くつろぐ

テーマ:インターネットサービス - ジャンル:コンピュータ

Windowsに共有アクセスできない - ファイアウォールの設定 - ★共有フォルダ困りごと
自宅サーバーのフリーズ頻度が多くなってきたのでSSDを交換しました。
SSDの交換はクローンDiskでの丸ごとコピーで楽する方法もありましたが、
フリーズの原因がSSDによるものと断定できていないことからWindowsのクリーンインストールを行いました。
Crucial [Micron製Crucialブランド] 自社製MLCメモリー搭載 BX100 2.5インチ 内蔵SSD ( 250GB / SATA 6Gbps / 7mm / 9.5mmアダプタ付属 ) CT250BX100SSD1Crucial [Micron製Crucialブランド] 自社製MLCメモリー搭載 BX100 2.5インチ 内蔵SSD ( 250GB / SATA 6Gbps / 7mm / 9.5mmアダプタ付属 ) CT250BX100SSD1
(2015/01/28)
\13,208
耐久性でコストパフォーマンスに優れているCrucial
商品詳細を見る


この自宅サーバーはWindows7のProfessionalで運用です。
クリーンインストールを行ったところ、Win7内のフォルダにアクセスできません。
特にPPTPによるVPN接続による共有フォルダアクセスが不能な状態で、データアップ等の作業に支障が出ました。
当然ながら管理共有であるc$等もアクセス不能です。
管理共有の使用に関する設定はこちらの記事を参考にしてください。

Windows7のフォルダアクセスに関する原因はファイアウォールにありました。
Netlogon サービスを許可することでWindows7 Professional フォルダにアクセスすることができました。
ファイアウォールでNetlogon サービスを許可するには
[スタート]→[コントロールパネル]→[システムとセキュリティ]→[Windows ファイアウォール]
にある「Windows ファイアウォールを介したプログラムまたは機能を許可する」をクリックします。
fwkyoka.jpg

Windows7の場合、このような画面が表示されます。
netlogonfwonwin7.jpg

Windows8ではこのような画面です。
netlogonfwonwin8.jpg

WindowsファイアウォールでNetlogonサービスを許可することで共有フォルダにアクセスすることができるようになりました。

自宅サーバーは省電力でファンレス静音なshuttleのXS36V4が有効です。
SHUTTLE シャトル BayTrail 超小型ベアボーン DVDスロット無し XS36V4
SHUTTLE シャトル BayTrail 超小型ベアボーン DVDスロット無し XS36V4
(2014/09/26)
Shuttle INC.
\19,189

商品詳細を見る



         ↓↓↓↓参考記事には↓↓下記↓↓に1票よろしく!↓↓↓↓
    blogramのブログランキング    FC2ブログランキング  くつろぐ

テーマ:サーバ - ジャンル:コンピュータ

SSDにもデフラグが必要 ◆自宅サーバーフリーズ続出
最近、自宅サーバーのフリーズが頻発しております。
外付けHDDの不良による遅延が原因かと思っておりました。
HDDを交換してみましたが、のっけからフリーズしました。

自宅サーバーはWindows7の32bit版です。
Shuttle スリムベアボーンPC チップセットntel Celeron J1900搭載 XS35V4Shuttle スリムベアボーンPC チップセットntel Celeron J1900搭載 XS35V4
(2014/05/23) 省電力ファンレス
Shuttle INC.
\19,883
商品詳細を見る


自宅サーバーの本体側をチェックしても異常は見られません。

自宅サーバーのシステムドライブにはSSDを採用して起動等の動作のレスポンスを上げております。
Crucial MX100 2.5インチ内蔵型SSD 256GB SATAIII CT256MX100SSD1Crucial MX100 2.5インチ内蔵型SSD 256GB SATAIII CT256MX100SSD1
(2014/06/05)
Crucial Technology
\13,135

商品詳細を見る

何が原因か瞑想しておりましたが、断片かが異常に発生しておりました。
一つ気になったのが断片化です。
ssddefrag141224.jpg
75%も断片化しているのはなんぼ何でもまずいのでは・・・

断片化はWindowsを使っている限り発生するもので、磁気ディスクの場合、定期的にデフラグを行います。
SSDは磁気ディスクとは異なり、断片化しても読み書きのレスポンスには影響しないと言われております。
逆に書き込み回数に制限のあるSSDをデフラグするとSSDの寿命が短くなると言われており、
SSDでは空き容量のみデフラグすることが推奨されております。
空き領域のデフラグやブートタイムデフラグも可能な高機能ディスク最適化ソフト

デフラグはDefragglerでほぼ一日要しました。
断片化は9%まで回復しました。
今のところ自宅サーバーのフリーズは発生しておりません。
SSDのデフラグで直ったようです。

SSDでプチフリーズやフリーズが頻発するようになったらデフラグしてみてください。
defragsourcenext.jpg



         ↓↓↓↓参考記事には↓↓下記↓↓に1票よろしく!↓↓↓↓
    blogramのブログランキング    FC2ブログランキング  くつろぐ

テーマ:サーバ - ジャンル:コンピュータ

システムログ警告 Windows UpdateClient - プロキシ環境下では自動アップデートできてない -
先日、会社で管理しているウィンドウズサーバーのシステムログをメールで通知させる設定を行いました。
すると、ちょくちょくシステムログ書き込みのメールが飛んできました。
何かと確認してみるとWindows UpdateClientという警告が上がっておりました。
どうもWindowsアップデートのチェックが行えていないようです。

ログインしてからWindowsアップデートを行うと問題なくアップデートが実行できております。
サービス上でのアップデートの確認ができていないのでしょうか・・・

どうもウィンドウズ内蔵のプログラムとウィンドウズ上での通信コンポーネントが異なるようです。
ウィンドウズ上での通信コンポーネントはWinNETというものでインターネットプロパティ等で設定する通常のもので、
内蔵プログラムではWinHTTPという通信コンポーネントが存在しており、デフォルトではWinNETと連動しておりません。
したがって、ローカルネットワークがプロキシ環境で管理されており、
プロキシ以外のインターネットが閉じられている環境では内蔵プログラムでインターネット通信ができない状態になります。

サーバーなので自動的にアップデートしてもらわなくては困りますので、WinHTTPの設定をWinNETと同様にしました。

WinHTTPの設定はコマンドプロンプトで行います。
まずは現在のWinHTTPプロキシ設定を確認します。
コマンドは
netsh winhttp show proxy
です。
netshproxy1.jpg
WinHTTPのプロキシが設定されていないことがわかります。

次にWinNETと同じプロキシ設定にするコマンドを打ちます。
コマンドは
netsh winhttp import proxy source=ie
です。
netshproxy2.jpg

設定が更新されたかnetsh winhttp show proxyで確認します。
netshproxy3.jpg
インターネットオプションの[接続]タブにある「ローカル エリア ネットワーク(LAN)の設定」と同じ設定に反映されました。

この設定変更でシステムログの警告メールは来なくなりました。


         ↓↓↓↓参考記事には↓↓下記↓↓に1票よろしく!↓↓↓↓
    blogramのブログランキング    FC2ブログランキング  くつろぐ

テーマ:ネットワーク関連 - ジャンル:コンピュータ

Windowsシステムログをメールで通知 - サーバーのシステム異常管理 -
仕事で立てているサーバーがフリーズしており、自宅から呼び出されました。
何事かと調べてみるとHPスマートアレイコントローラーが故障しておりました。
Windowsのシステムログをチェックしてみると1年ほど前からHDDも不良セクタが発生しており瀕死の状況にありました。

部品交換によりサーバーは復旧できましたが、日々の管理不足が懸念されたのでサーバーの異常管理を設定しました。

WindowsVista以降のOSではタスクでシステムログのイベント発生時にトリガーかけれるようになっております。
タスクを利用して、Windowsシステムログを監視することにしました。

今回設定したサーバーはWindows Server 2008ですが、その他のOSでもほとんど同じです。
今日はシステムログ監視に関するタスクの設定方法とメール送信スクリプトを紹介します。

まず、タスクを立ち上げて、[タスクの作成]をクリックします。
windowsrogtask1.jpg
[全般タブ]では「ユーザーがログオンしているかどうかにかかわらず実行する(W)」を選択します。

[トリガー]タブに移ります。
windowsrogtask2.jpg
[新規(N)]をクリックします。

「タスクの開始(G):」を「イベント時」に変更します。
windowsrogtask3.jpg
「カスタム(U)」を選択してから「新しいイベントフィルター(N)」をクリックします。

「イベントレベル:」にある項目で必要なものにチェックを入れます。
当然ながらこのチェックが多いほどイベントトリガーがかかりやすくなります。
windowsrogtask4.jpg
「ログごと(O)」を選択した状態で「イベントログ(E)」のプルダウンでWindows ログのシステムにチェックを
入れて[OK]をクリックします。

[操作]タブへ移ります。
windowsrogtask5.jpg
[新規(N)]をクリックします。

「操作(I):」のプルダウンで「電子メールの送信」を選択します。
windowsrogtask6.jpg
ここで、SMPTサーバーのアカウントとパスワードの設定ができないのでメールサーバーが対応できないと思います。
タスクだけで完了することはあきらめました。
そこで、VBスクリプトでメール送信コードを作ってみました。
メモ帳を開き以下のコードを貼り付けます。
'------------------------------- 以下貼り付け -------------------------------
Set oMsg = CreateObject("CDO.Message")

'メール送信元アドレス
oMsg.From = "*******@*******.jp"
'送信元のメールアドレスを入力する。

'メール送信先アドレス
oMsg.To = "*******@hotmail.com"
'送信先のメールアドレスを入力する。

'CcとBccが必要な時はコメントを外す
'oMsg.Cc = "cc先メールアドレス"
'oMsg.Bcc = "bcc先メールアドレス"

'メールタイトル
oMsg.Subject = "TEST" '←送信されるメールのタイトルを" "間で適宜入力

'メール本文は\nを入れると改行できる。
oMsg.TextBody = "TEST送信" & vbCrLf & Now & vbCrLf & _
"テスト本文" '←送信されるメールの本文を" "間で適宜入力 vbCrLfは改行コードで&で結合

'添付ファイルが必要な時はコメントを外してファイルのフルパスを記入
'oMsg.AddAttachment "添付ファイルのフルパス記入"

'SMTPサーバとサーバポートの指定
oMsg.TextBodyPart.Charset = "ISO-2022-JP"
oMsg.Configuration.Fields.Item("http://schemas.microsoft.com/cdo/configuration/" + "sendusing") = 2
oMsg.Configuration.Fields.Item("http://schemas.microsoft.com/cdo/configuration/" + "smtpserver") = "*******"
oMsg.Configuration.Fields.Item("http://schemas.microsoft.com/cdo/configuration/" + "smtpserverport") = 25
'*******はSMTPサーバー名を入力し、ポート番号を必要に応じて変更する。(基本25である)

'SMTP認証が必要な時はコメントを外す
'oMsg.Configuration.Fields.Item("http://schemas.microsoft.com/cdo/configuration/" + "smtpauthenticate") = true
'SMTP認証が必要なメールサーバーを使うときは上記のコメント(')を削除する。

'送信メールのユーザネームとパスワードを記入
oMsg.Configuration.Fields.Item("http://schemas.microsoft.com/cdo/configuration/" + "sendusername") = "*******"
oMsg.Configuration.Fields.Item("http://schemas.microsoft.com/cdo/configuration/" + "sendpassword") = "*******"
'*******に送信に使うメールサーバーのユーザーネームとそのパスワードを入力する。

'SSL送信が必要な時はコメントを外す
'oMsg.Configuration.Fields.Item("http://schemas.microsoft.com/cdo/configuration/" + "s小さい文字mtpusessl") = true
'SSL送信が必要なメールサーバーを使うときは上記のコメント(')を削除する。

oMsg.Configuration.Fields.Update
oMsg.Send
'------------------------------- 貼り付け以上 -------------------------------
メールサーバーの情報を記入してからメモ帳に名前を付けて保存します。
windowsrogtask8.jpg
任意のフォルダにファイル名を決めて拡張子を「.vbs」として保存します。
gメール等設定の異なるものありますので、メールサーバーの仕様を確認してVBスクリプトを編集してください。

タスクの設定の説明に戻ります。

「操作(I):」のプルダウンで「プログラムの開始」を選択します。
windowsrogtask7.jpg
「プログラム/スクリプト(P)」に先ほど作成したVBスクリプトを選択します。
あとは[OK]をクリックしてタスクの設定完了です。

このタスクを設定しておけばシステムログのイベントが発生したらメールが飛んできます。


         ↓↓↓↓参考記事には↓↓下記↓↓に1票よろしく!↓↓↓↓
    blogramのブログランキング    FC2ブログランキング  くつろぐ

テーマ:ハードウェア - ジャンル:コンピュータ

自宅サーバーの床下設置 その4 - 床下自宅サーバーのメンテナンスは電話台で実施 -
前回のその3記事で自宅サーバーを床下に設置しましたが、床下収納を引き上げないとサーバーにタッチできないので、
自宅サーバー用の専用開口部を作成したかったのですが、嫁に却下されたのでサーバーメンテナンス環境を整えました。
サーバーのメンテナンスは基本リモートデスクトップ等で可能ですが、
ネットワーク不通等を考えて壁コンセントを作成してローカルで自宅サーバーを操作できるようにしたのです。

その2記事にて紹介した壁コンセントよりディスプレイ、ミニキーボードとマウスを電話台に一時的に設置して
操作可能な環境となりました。
通常状態と自宅サーバーメンテナンス時の状況はこんな感じです。
denwadaisagyou.jpg
壁から出てきたパソコンってな状況が好きです。
キーボードとマウスは無線のもので、一つのレシーバーで両方対応できるiBUFFALO製のSimpring対応としました。
iBUFFALO Simpring対応無線2.4GHzコンパクトキーボード ホワイト 【PlayStation4,PS4 動作確認済】 SRKB02WHiBUFFALO Simpring対応無線2.4GHzコンパクトキーボード ホワイト SRKB02WH
バッファロー(2012/02/28)
\3,252
商品詳細を見る

iBUFFALO 【1つのレシーバーに5台繋がる「Simpring」シリーズ!!持ち運びに便利なNanoサイズ】Simpring対応 無線(2.4GHz)BlueLEDマウス シルバー SRMB02SViBUFFALO 【1つのレシーバーに5台繋がる「Simpring」シリーズ!!持ち運びに便利なNanoサイズ】Simpring対応 無線(2.4GHz)BlueLEDマウス シルバー SRMB02SV
バッファロー(2012/02/29)
\1,479
商品詳細を見る


ディスプレイはテックウインドのOn-Lap1501で、普段はサブモニターとしてTV視聴などに活用しております。
今となってはマルチタッチタイプが出ているのでそちらの方が便利かと思います。
15.6インチモバイル液晶モニター On-Lap1502T15.6インチモバイル液晶モニター On-Lap1502T
(2013/07/12)
GeChic Corporation
\35,000
商品詳細を見る


計画から作業実施までも時間がかかりましたが、作業後のブログ記事にも4ヶ月にまたがってしまいました。
メンテナンスは殆ど行うことがないので、普段はUSBコンセントでスマホの充電に使われております。
ACアダプタ付きのUSBハブを使っているので自宅サーバーに負荷かけることなく充電可能です。


自宅サーバーの床下設置 その1 - 自宅サーバー設置環境 -
自宅サーバーの床下設置 その2 - USBコンセント、VGAコンセント、壁配線 -
自宅サーバーの床下設置 その3 - サーバー床下設置 -




自宅サーバーを床下に移動したので、寝室のデスクトップPCはすっきりしました。
thinkpadeyboadku1255_2.jpg
自宅サーバーを収納していたデスク左側の棚にはSoftbankのFONルーターとPIXELAが入りました。


         ↓↓↓↓参考記事には↓↓下記↓↓に1票よろしく!↓↓↓↓
    blogramのブログランキング    FC2ブログランキング  くつろぐ
自宅サーバーの床下設置 その3 - 自宅サーバーの床下設置作業 -
この正月に行った自宅サーバーの床下収納作業の第三弾です。(壁コンセントと床配線の記事はこちら)
壁コンセントを作成し、床下配線が完了したら床下に自宅サーバーを設置します。
床下にサーバーを設置する際に用いるラックは床下の高さを測って50cmのメタルラックにしました。
エコノミーラック ルミナスパーツ互換品 ポール径19mm フリーラック 3段 幅59.5×奥行34.5×高さ51cm EL19-51603
エコノミーラック ルミナスパーツ互換品 ポール径19mm フリーラック 3段 幅59.5×奥行34.5×高さ51cm EL19-51603

ドウシシャ
\2,914
商品詳細を見る


こんな感じに収まっております。
underfloorserver1.jpg
TVサーバー兼ファイルサーバーはこちら
webサーバーはshuttleのベアボーンです。
ルーターはBUFFALOのGigaハブです。

ラックは部屋で組み立て、サーバーと周辺機器をラックに配置してから、すべてインシュロックで固定します。
うちの場合ですが、床下収納の開口部から入れる際にラックのタイヤがつっかえましたが、すべて固定していたので、
ラックを斜めにしてタイヤを一つ外すと床下に入れることができました。
床下でラックを組み立てて機器を配置するのは難しいと思います。
見てのとおりラックはゆとりある状態なので、もう一回り小さいサイズでもよかったです。

引いた感じはこんな感じです。
underfloorserver2.jpg
床下収納を引き上げないと自宅サーバーにタッチできないところがネックですが、
サーバーなので本体に触る必要がある機会はそうそうありません。

この1月に設置したのですが、ラックや機器は埃まみれになるわけでもなく綺麗な状況を保っております。
温度環境はサーバーにとって良好な状況なので、自宅サーバーの長寿命化が期待されます。
ただ、梅雨時期の湿度の上昇が気になります。
この一年間の様子見て自宅サーバーを床下で稼働させることが適しているか確認したいと思います。


自宅サーバーの床下設置 その1 - 自宅サーバー設置環境 -
自宅サーバーの床下設置 その2 - USBコンセント、VGAコンセント、壁配線 -
自宅サーバーの床下設置 その4 - 床下自宅サーバーのメンテナンスは電話台で実施 -


         ↓↓↓↓参考記事には↓↓下記↓↓に1票よろしく!↓↓↓↓
    blogramのブログランキング    FC2ブログランキング  くつろぐ

テーマ:サーバ - ジャンル:コンピュータ

自宅サーバーの床下設置 その2 - USBコンセント、VGAコンセント、壁配線 -
自宅サーバーを床下に設置した状況の紹介です。
前回紹介しましたが、自宅サーバーの温度環境を改善するために床下に自宅サーバーを設置しました。
配線は床下と壁内に行い、モニターとキーボードは壁コンセントに接続する仕様とすることですっきり配置にしました。

うちの自宅サーバーはweb用サーバーとファイルサーバー(TVサーバー兼用)の2台あるので、
VGAとUSBを切替器で両立する仕様としたので少し複雑です。

コンセントは電話台の位置にもうけました。
基本的に自宅サーバーはリモートで操作しますが、ネットワークトラブルが発生した際などに、
直接操作する必要があります。
そのときに床下収納を開けるのは面倒なので、電話台を活用できれば便利と考えました。

自宅サーバーは床下収納のすぐ脇に設置しました。
フリーズ等のハードトラブル時に対応できるように開口部付近が便利と考えました。

したがって、自宅サーバーから電話台脇のコンセント設置まで4m弱離れることになり5mの延長ケーブルを使いました。

まずは壁コンセントの作成です。
VGAコンセントが2段のスペースを使い、
切替器に接続するキーボード用のUSBコンセントが一つと各サーバーに直結するUSBコンセントが各1つ、
切替器のスイッチを出すためのテレホンガイドが一つです。

コンセントの作成で大変だったのがUSBコンセントです。
USBの壁コンセントはいくつかあるのですが、すべて電源用のUSBコンセントです。
今回の用途は床下に設置したサーバーから延長したUSBとの接続なので改良が必要です。
用意したUSBコンセントです。
usbkonsento1.jpg
この電源用のUSBコンセントを分解して、中身を取り出してUSB延長ケーブルを取り付けます。
usbkonsento2.jpg
ラジオペンチで金具を外します。
金具を外しても接着されているため簡単に外れません。
ホットカッターを用いて分解します。
延長ケーブルを貫通させるためにUSBコンセントの裏蓋を切り抜きます。
usbkonsento3.jpg usbkonsento4.jpg
USBコンセントを三枚に下ろす感じですね!
ホットカッター HE-20【造形工作用具 カッター】B14-1010

ホットカッター HE-20【造形工作用具 カッター】B14-1010
\1,470
学校教材の専門店 美工社

商品詳細を見る


USBコンセントの中身をすべて取り除いてから金具を付けて復旧します。
裏蓋は不要です。
USB延長ケーブルのオスコネクタをUSBコンセントに突き刺し隙間を二液ボンドで埋め固めます。
usbkonsento5.jpg
狭い隙間に小さなヘラで二液ボンドを充填するのでこの作業は根気がいります。
USBコネクタの半分程度も充填すれば問題ないかと思います。
usbkonsento6.jpg
二液ボンドの充填が完了すると、セロテープなどで底を押さえて底を下にした状態でボンドを乾かします。

自宅サーバー用の壁コンセントは、USBとVGAと切り替え器用のテレホンガイドです。
VGAのコネクタはメス-メスの壁コンセント用があるので簡単です。
VGA コンセントプレート VGA コンセントパネル VGA ウォールプレート RGB CP-H15J-SS-I.jpgVGA コンセントプレート VGA コンセントパネル VGA ウォールプレート RGB CP-H15J-SS-I
\2,540 1個
DVS
商品詳細を見る

VGAコンセントの下には切替器に接続するUSBコンセントを配置しました。

コンセント作成位置にドリルで壁に穴を開けます。
kabekonsentousb1.jpg
壁から床下に配線するには基礎コンクリート上にある水平方向の柱に穴を開ける必要があります。
床下作業時の写真がとれなかったのでわかりにくいかと思いますが、その場所に行ってみるとわかります。
今回はVGAケーブルのコネクタが通る大きさの穴を開ける必要があったので苦労しました。
以前に紹介したLANケーブル配線時より大変でした。
通線スチールが必須です。
ジェフコム ブラックエース 15m BX-5215ジェフコム ブラックエース 15m BX-5215
\3,927
ジェフコム
商品詳細を見る

切替器は壁内に設置します。
iBUFFALO パソコン自動切替器 BSKMR201iBUFFALO パソコン自動切替器 BSKMR201
\2,478 1個
バッファロー
商品詳細を見る

切替器のリモコンはテレホンガイドを用いて壁から出します。
その際にテレホンガイド穴の下を切断してリモコンを通します。
telgaido.jpg


VGAコンセントと切替器の接続はVGA(オス-オス)ケーブルでつなぎます。

切替器と自宅サーバー間を5mのVGA延長(オス-メス)ケーブルでつなぎます。

自宅サーバーに直結するUSBケーブルについては5mなので、ACアダプター接続可能なUSBハブを用いました。
iBUFFALO [Wii U,PS3,torne動作確認済](ACアダプタ付)USB2.0ハブ 4ポートタイプ 【電源連動タイプ】 ブラック BSH4AE06BKiBUFFALO [Wii U,PS3,torne動作確認済](ACアダプタ付)USB2.0ハブ 4ポートタイプ 【電源連動タイプ】 ブラック BSH4AE06BK
\1,245 2個
バッファロー
USBのロング延長にはACアダプタ付きのUSBハブが必要です。
商品詳細を見る

ACアダプタ付きのUSBハブを電話台付近の床下に設置します。
作成したUSBコンセントのUSB延長ケーブルを床下まで配線してSUBハブに接続します。

USBハブと自宅サーバーの接続は5mのミニUSBケーブルを用います。

USBとVGAの配線が完了すると壁コンセントのふたを閉めて外観が完了します。
完成状況はこんな感じです。
kabekonsentousb2.jpg
すっきりした状態になります。
電話台を元の位置に戻します。
kabekonsentousb3.jpg
思い通りのできばえで嫁に文句は言わせません。

床下に電源の配線も必要になります。
電話台下にあるコンセントから分岐しようと思っておりましたが、すでにインターホンに分岐済みでした。
仕方なく玄関にあるコンセントから分岐して床下配線しました。
電源の床下配線はUSBハブに電源を供給する必要があるので電話台下の床下にコンセントを設けて、
そこから床下開口部付近まで配線して自宅サーバー等に電源を供給するようにしました。

床下配線の力作をお見せすることができないのが残念ですが、体力的に写真撮る余裕ありませんでした。

TVサーバーも床下収納したので、さらに、TVアンテナケーブルも床下配線しました。
TVアンテナの分岐はユニットバス上の2F床下にあります。
電源ケーブル配線と同時に配線しました。

コンセント作成に1日、配線に丸1日かかりました。

作業の難易度としては大したことありませんが、体力が必要です。
床下作業にはヘッドライトを使った方が楽です。
GENTOS(ジェントス) ジェントスリゲルヘッドライト 【明るさ45ルーメン/実用点灯8時間】 GTR-931HGENTOS(ジェントス) ジェントスリゲルヘッドライト 【明るさ45ルーメン/実用点灯8時間】 GTR-931H
\1,180
GENTOS(ジェントス)

商品詳細を見る


自宅サーバーの床下設置状況は後日紹介します。


自宅サーバーの床下設置 その1 - 自宅サーバー設置環境 -
自宅サーバーの床下設置 その3 - サーバー床下設置 -
自宅サーバーの床下設置 その4 - 床下自宅サーバーのメンテナンスは電話台で実施 -


         ↓↓↓↓参考記事には↓↓下記↓↓に1票よろしく!↓↓↓↓
    blogramのブログランキング    FC2ブログランキング  くつろぐ

テーマ:サーバ - ジャンル:コンピュータ

自宅サーバーの床下設置 その1 - 自宅サーバー設置環境 -
これまで我が家の自宅サーバー寝室にある私のデスク上に設置しておりました。
初代自宅サーバーは2007年4月に設置しましたが、2011年12月に死亡しました。
5年弱で使い物にならなくなるのは少し寿命が短いと思いました。
自宅サーバーの寿命が短かった要因は夏季の温度上昇と思います。
会社の倉庫に設置しているサーバーは5年以上稼働し続けております。

会社倉庫の設置環境はビルの5階ということもあり夏季でもエアコンなしで30℃を超えないのです。
一方、我が家の2F寝室は夏季に40℃付近まで気温が上がります。
自宅サーバーのために寝室のエアコンを夏季24時間稼働させたのでは家計がもちません。
そこで、自宅でサーバー設置するのに適した箇所を考えたところ、1Fと床下が思い当たりました。
2F寝室、1Fリビング、床下の3箇所で温湿度の年変動を調査してみました。(H24年8月~H25年8月)
10月の大半と11月すべてが欠測しておりますが、概ね年間の温湿度の変動を捉えました。

温度測定結果の概要は次のとおりです。
ondosokutei2012-2013.jpg
2F寝室と1Fリビングでは夏場で38℃まで室内気温が上昇しております。
これに対して、床下では最大29.7℃であり30℃を超えることがありません。
これはエアコン28℃設定で夏場を過ごしたのと同等と思われます。
温度を見る限り、自宅サーバーは床下に設置するのが最も有効と見られます。

湿度の測定結果の概要は次のとおりです。
shitsudosokutei2012-2013.jpg
湿度は床下が高めで室内より10%ほど高めを示しております。

機械の保管環境としては気温40℃以下、湿度80%以下ってところが一般的かもしれません。

温湿度の変動はこんな感じです。
onshitsudohenndou2012-2013.jpg
細かい変動を見ると、床下の温度の安定感がよくわかります。
湿度80%超についても長期間続く訳ではないので温度の安定の方が有利に働くと考えました。

家屋内の温湿度調査の結果より、自宅サーバーは床下に置くことにしました。

自宅サーバーの床下設置要領は主に次のとおりです。
床下収納脇に棚をおいて自宅サーバー本体を置きます。
完全リモート操作のみでは不自由するので、
モニターのVGAケーブルとUSBケーブルを配線して電話台付近の壁に接続コネクタをもうけます。
配線等むき出しは嫁に怒られるので、すべて宅内配線して接続も壁コンセントを用いてすっきりさせました。
(正月休み中の大作であります。)

用意した主な材料は次のとおりです。
なお、自宅サーバーはwebサーバーとファイルサーバー(TVサーバー兼用)の2台を床下設置したものであります。
VGA コンセントプレート VGA コンセントパネル VGA ウォールプレート RGB CP-H15J-SS-I.jpgVGA コンセントプレート VGA コンセントパネル VGA ウォールプレート RGB CP-H15J-SS-I
\2,540 1個
DVS
商品詳細を見る

1412 WT-KB03-WH USBコンセントから充電能力1412 WT-KB03-WH USBコンセントから充電能力
\1,980 3個
DVS
電源供給用のUSBなので、USB延長用に改造します。
商品詳細を見る

パナソニック電工配線器具(Panasonic) コンセントプレート WTF7006Wパナソニック電工配線器具(Panasonic) コンセントプレート WTF7006W
\420 1個
パナソニック(Panasonic)
商品詳細を見る

Panasonic(パナソニック電工) 配線器具 埋込絶縁ワンタッチ取付枠2型 WN3710Panasonic(パナソニック電工) 配線器具 埋込絶縁ワンタッチ取付枠2型 WN3710
\37 2個
パナソニック(Panasonic)
商品詳細を見る

パナソニック電工配線器具(Panasonic) テレホンガイド WN3022SWパナソニック電工配線器具(Panasonic) テレホンガイド WN3022SW
\252 1個
パナソニック(Panasonic)
商品詳細を見る

iBUFFALO パソコン自動切替器 BSKMR201iBUFFALO パソコン自動切替器 BSKMR201
\2,478 1個
バッファロー
商品詳細を見る

iBUFFALO [Wii U,PS3,torne動作確認済](ACアダプタ付)USB2.0ハブ 4ポートタイプ 【電源連動タイプ】 ブラック BSH4AE06BKiBUFFALO [Wii U,PS3,torne動作確認済](ACアダプタ付)USB2.0ハブ 4ポートタイプ 【電源連動タイプ】 ブラック BSH4AE06BK
\1,245 2個
バッファロー
USBのロング延長にはACアダプタ付きのUSBハブが必要です。
商品詳細を見る

ELECOM フェライトコア付 スリム同軸ディスプレイ延長ケーブル 5.0m D-Sub15pin(ミニ)オス-D-Sub15pin(ミニ)メス CAC-E50BKELECOM フェライトコア付 スリム同軸ディスプレイ延長ケーブル 5.0m D-Sub15pin(ミニ)オス-D-Sub15pin(ミニ)メス CAC-E50BK
\2,836 2本
エレコム
商品詳細を見る

SANWA SUPPLY KU-AMB550 ミニUSBケーブル 5.0mSANWA SUPPLY KU-AMB550 ミニUSBケーブル 5.0m
¥609 2本
サンワサプライ
商品詳細を見る

ELECOM USB2.0延長ケーブル A-Aメスタイプ ノーマル 1m ホワイト U2C-E10WHELECOM USB2.0延長ケーブル A-Aメスタイプ ノーマル 1m ホワイト U2C-E10WH
\425 3本
エレコム
商品詳細を見る



実際の設置方法については別途その2~その4記事にて紹介します。
自宅サーバーの床下設置 その2 - USBコンセント、VGAコンセント、壁配線 -
自宅サーバーの床下設置 その3 - サーバー床下設置 -
自宅サーバーの床下設置 その4 - 床下自宅サーバーのメンテナンスは電話台で実施 -


         ↓↓↓↓参考記事には↓↓下記↓↓に1票よろしく!↓↓↓↓
    blogramのブログランキング    FC2ブログランキング  くつろぐ

テーマ:サーバー - ジャンル:コンピュータ

TVサーバー兼ファイルサーバーのSSD化 ★サーバーでもSSD化は有効
TVサーバー兼ファイルサーバーであるIntelのD525MW組立PCをSSDに変えました。
再起動の高速化と静音化のためです。
Web用の自宅サーバーのSSD化にあわせて変えてみました。
今回購入したSSDはWeb用の自宅サーバーと同じくXPG SX900 ASX900S3-128GM-Cを選択しました。
SSDでお買い得な128GBです。
サーバーなのでシステム領域は最低限の容量で事足ります。

XPG SX900 ASX900S3-128GM-C [128GB]
\8,640
ADATA

商品詳細を見る


HDDから新規SSDへのシステム移行はAcronisでクローンディスク化すれば簡単です。
システム移行の方法についてはThinkPad T60のSSD化に関する記事を参照してください。

Windows Home Server 2011の起動は各電に速くなり、再起動は30秒以内に完了することができるようになり、
アップデート時のストレスも大きく軽減されました。
Windows Server 2008ベースのWindows Home Server 2011ですが、Windows7とほぼ同じ時間で起動することができてます。

SSDの余寿命は9年1ヶ月となっております。
SSDLife(Win2011homeserver)130630.png
常時稼働のサーバーをSSD化することで少しは省電力化にも寄与するかと思いますが、
ファイルサーバーとしてのストレージにはHDDが2個付いているので消費電力にはほとんど影響なさそうです。



         ↓↓↓↓参考記事には↓↓下記↓↓に1票よろしく!↓↓↓↓
    blogramのブログランキング    FC2ブログランキング  くつろぐ

テーマ:自作PC研究 - ジャンル:コンピュータ

自宅サーバーのSSD化 - Shuttle XS35編 - ★サーバーもSSD化で静音・高速起動
Web用の自宅サーバーであるShuttle XS35をSSDに変えました。
再起動の高速化と静音化のためです。
SSDは書き込み回数に制限があるので常時稼働しているサーバーには不向きかと思っておりましたが、
アップデート時の再起動に要する時間がストレスとなっておりましたので自宅サーバーのSSD化に挑戦してみました。
今回購入したSSDはThinkPad T60と同じくXPG SX900 ASX900S3-128GM-Cを選択しました。
数年で寿命が来ても良いように安価な128GBにしております。

XPG SX900 ASX900S3-128GM-C [128GB]
\8,640
ADATA

商品詳細を見る


HDDから新規SSDへのシステム移行はAcronisでクローンディスク化すれば簡単です。
システム移行の方法についてはThinkPad T60のSSD化に関する記事を参照してください。

Windows7起動の速さは予定通りのパフォーマンスとなり良い感じです。

SSDの余寿命は8年7ヶ月となっております。
SSDLife(ShuttleXS35)130624.png
サーバーのSSD化でいつまで保つのか興味津々です。
耐久性の実験でもありますね。
常時稼働のサーバーをSSD化することで少しは省電力化にも寄与するかと思います。



         ↓↓↓↓参考記事には↓↓下記↓↓に1票よろしく!↓↓↓↓
    blogramのブログランキング    FC2ブログランキング  くつろぐ

テーマ:自作PC・改造(他) - ジャンル:コンピュータ

管理共有(c$)が使えない ★Win7での困りごと
Windows7に切り替え初めてWinXPとの違いに戸惑いもあります。
先日の雷でファイルサーバーのLANボードが故障したため、ディスクをWebサーバーに接続して使おうと思いました。
WebサーバーはファンレスPCの日本シャトル㈱のXS35 V2です。
Shuttle スリム型ベアボーン XS35 V3
Shuttle スリム型ベアボーン XS35 V3
\15,698
Shuttle

商品詳細を見る

V3ってことはうちのV2はもう型落ち・・・
ファンレスなので音なしで自宅サーバーにもってこいです。
価格もお手ごろです。

自宅のファイルサーバーのデータは、省電力も考慮して2.5インチ1TBのHDDをHDDケースに入れてUSB接続しており、
サーバー故障やメンテナンス時に簡単に移設可能な仕様にしております。

このWebサーバー更新に伴いOSがWindows7に変わっております。
ファイルサーバーへのアクセスは管理共有(c$等)でドライブからマウントしており、
現在停止中のファイルサーバーはWindows Home Server 2011(WHS2011)なので
WinXPと同様にデフォルトで管理共有接続ができてました。

ファイルサーバーのデータディスクをXS35 V2に接続してノートPCから管理共有でアクセスしたところ、
\\********\e$・・・eドライブの管理共有
winsecurity.gif
な画面が表示されてアクセスできません。
ウィンドウズのアカウントとPassは自宅内ですべてのPCで統一しているので、アカウント名の入力は不要なはず。
管理共有アクセスはアドミニストレータ権限が必要ですが、アドミニ権限も統一しております。

調べてみたところ、Win7はデフォルトで管理共有アクセスが無効に設定されているようです。
UAC(ユーザーアカウント制御)を無効にすれば管理共有アクセスが可能になります。



●UACの無効化
コントロールパネル→ユーザーアカウントと家族のための安全設定→ユーザーアカウント
「ユーザーアカウント制御設定の変更」をクリック
win7uacset.gif
UACの設定レベルを下げて通知しないにして[OK]をクリック



●レジストリ変更による方法
スタートメニューの[プログラムとファイルの検索]に「regedit」と入力して[Enter]をクリックして、
レジストリエディタを立ち上げる。
win7uacset2.gif
HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Policies\System
を開いて、[編集(E)]→[新規(N)]→[DWORD(32ビット)値(D)]をクリックする。
ファイル名を「新しい値 #1」→「LocalAccountTokenFilterPolicy」に変更する。
「LocalAccountTokenFilterPolicy」の値を1に変更する。


今回はWin7の新しいセキュリティ設定であるUACを活かして管理共有のみ使えるようにするため
レジストリ変更による方法で設定しました。
後はクライアントPCのマウント先(ネットワークドライブの割り当て)を
ファイルサーバーからwebサーバーへ変更するだけです。

UACがあるとインストールするときなどいちいち問い合わせがあるので面倒ですが、念のため残しておきます。
UACがセキュリティ向上に寄与するかは別として一応Webサーバーと言うこともありセキュリティ低下は避けます。

今後もWin7移行に伴う戸惑いが出てきそうです。


         ↓↓↓↓参考記事には↓↓下記↓↓に1票よろしく!↓↓↓↓
    blogramのブログランキング    FC2ブログランキング  くつろぐ

テーマ:Windows - ジャンル:コンピュータ




RSSフィード

最近の記事+コメント

広告スペース

いろいろアフィリエイトしてます。

入金に至ったASPはこちら



電報サービス VERY CARD









ベルメゾンネット









プロフィール

kすけ

Author:kすけ
2児の父であり貧乏サラリーマンでもあります。
パソコンやネットワークをあれこれ触っている内にインターネットの活用方法を模索するようになりました。
セコネタからグチや日常生活まで的を絞らず運営するブログです。

ブロとも申請フォーム


この人とブロともになる

ブログ内検索



楽天で探す
楽天市場

カテゴリー

ブロとも一覧

ちょっと寄り道しませんか?
ぶろぐいろいろ
あみパパ日記2
薬剤師の不養生
♪お気楽ままmikaのしゃべり放題♪
Suomen
不思議な不正義
だから俺は原付に乗る。

最近のトラックバック

リンク






↓↓おこづかい通信↓↓購読者募集中
メルマガ登録・解除
おこづかい通信
 
 powered by メルマガスタンドmelma! トップページへ
この人と友達になる

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する