弱者のネット活用術


記事の内容

前へ | 次へ

疲れ目に効く目薬 - 目薬比較 -
2010/07/24 23:47

毎日、仕事でも殆どパソコンの画面とにらめっこしているので、疲れ目がひどいです。
家に帰っても何かとパソコンとにらめっこすることが多いのでさらに大変です。
以前の記事で紹介しておりますが、私は毎日のように目薬を点しております。
やっぱ疲れ目にはロートV11がいいと思ってましたが、同じものばかり使うのもと思って変えてみました。

変更した目薬は参天の<a href="http://ad2.trafficgate.net/t/r/56/188/141685_148858/0/-/http://search.rakuten.co.jp/search/mall/%E3%83%A1%E3%83%87%E3%82%A3%E3%82%AB%E3%83%AB10/-/p.1-s.2-sf.0-st.A-v.2?x=0
" target="_blank" title="メディカル10">メディカル10です。
<a href="http://ad2.trafficgate.net/t/r/56/188/141685_148858/0/-/http://search.rakuten.co.jp/search/mall/%E3%83%A1%E3%83%87%E3%82%A3%E3%82%AB%E3%83%AB10/-/p.1-s.2-sf.0-st.A-v.2?x=0
" target="_blank">medical10.jpg
目の充血にも効くとのことで、その色からも充血に効きそうだと思いました。

ロートV11からメディカル10へ変えてみての感想は、目薬を点した後のすっきり感が減った感じでした。
あのキーンとしみる感じはメディカル10の方が劣っております。

どちらも疲れ目に有効でしたが、本日、ロートV11に戻しました。
rotov11.jpg
戻してみた感想としては大した差は無いようにも思いますが、
やはり目薬を点したときのすっきり感が増したように思います。

有効成分は、
ロートV11
●塩酸テトラヒドロゾリン:0.05%
●クロルフェニラミンマレイン酸塩:0.03%
●ネオスチグミンメチル硫酸塩:0.005%
●ビタミンB6:0.1%
●酢酸d-α-トコフェロール:0.05%
●L-アスパラギン酸カリウム:1.0%
●アミノエチルスルホン酸:0.5%
●アラントイン:0.1%
●硫酸亜鉛水和物:0.05%
●グリチルリチン酸二カリウム:0.1%
●コンドロイチン硫酸エステルナトリウム:0.1%

メディカル10
●塩酸テトラヒドロゾリン:0.03%
●クロルフェニラミンマレイン酸塩:0.03%
●ネオスチグミンメチル硫酸塩:0.005%
●ビタミンB6:0.05%
●ビタミンB12:0.02%
●L-アスパラギン酸カリウム:1.0%
●パンテノール:0.05%
●タウリン:1.0%
●グリチルリチン酸二カリウム:0.1%
●イプシロン-アミノカプロン酸:1.0%
となっております。

メディカル10に無くてローとV10にある成分は、
●酢酸d-α-トコフェロール・・・血行を促進して目の疲れを改善します。(天然型ビタミンE)
●アミノエチルスルホン酸・・・新陳代謝を促進して目の疲れを改善します。
●アラントイン・・・炎症症状(かゆみ・充血等)を鎮めます。
●硫酸亜鉛水和物・・・紫外線などによる目の炎症を鎮めます。
●コンドロイチン硫酸エステルナトリウム・・・角膜表面を保護して目の疲れを改善します。
で、逆に
ロートV10に無くてメディカル10にある成分は、
●ビタミンB12・・・視神経の働きを助け疲れ目や目の充血を助けます。
●パンテノール・・・新陳代謝を促進して目の疲れを改善します。
●タウリン・・・細胞を正常な状態に戻して疲れ目を改善します。
●イプシロン-アミノカプロン酸・・・目の炎症を抑えます。
となっております。

成分的には大差ありませんが、ロートV11の方がやや上回っているようです。

目薬を選択する要素としては、有効成分とかよりも、やはり、目薬を点したときの感覚と価格でしょうか・・・

価格帯は、
メディカル10・・・1,090円〜1,260円
ロートV11・・・1,350円〜1,365円
となっており、どちらも目薬としては高価でありますが、ロートV11の方がさらに効きそうです。

病は気からと言うこともありますので、私は高価な方を選択しました。

カテゴリ:日記

前へ | 次へ

コメントを見る(2)
コメントを書く
トラックバック(0)
BlogTOP
このユーザーのホーム

ログイン

i-mobile


Powered By FC2ブログ